北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2018年09月」の記事一覧

苫小牧民報

自己治癒型アスファルト、来春市場へ 苫小牧の會澤高圧コンクリート

 コンクリート製品製造の會澤高圧コンクリート(本社苫小牧市、會澤祥弘社長)は、道路のアスファルト舗装のひび割れを自己治癒力で修復する画期的な技術の導入を計画している。オランダのデルフト工科大学が...

釧路新聞

釧路、根室の情報

 【釧路沖】 五目がよく釣れている。週末は台風の影響が出る可能性も。   【釧路港】 サケが全体で10〜20匹釣れている。 以上、ランカーズクシロ提供=0154(55)2288  【尾岱沼漁港】 朝...

十勝毎日新聞

削蹄の技 しのぎ削る 帯畜大で全道大会【帯広】

 牛のひづめを整える削蹄(さくてい)の全道大会が3、4の両日、帯広市内の帯広畜産大学で開かれた。4日の実技競技では道内の削蹄師が日ごろの業務で磨いた技術を披露した。  技能の向上を図るため、...

十勝毎日新聞

ベトナムで新種リス発見 帯畜大の押田教授ら【帯広】

 帯広畜産大学の押田龍夫教授(55)=野生動物学=らの研究グループは、ベトナム南部のホンカイ島で新種のリス「ホンカイリス」を発見した。長期間地続きだったと考えられる島で固有の新種が発見されるの...

十勝毎日新聞

拓殖鉄道 グッズ公開 博物館「十勝晴駅」【音更】

 音更町内の私設鉄道博物館「十勝晴駅」(町柳町南区12)は、私鉄の北海道拓殖鉄道の廃線50年を記念し、同鉄道の切符など関連グッズを集めた企画展を開いている。「廃線日」の30日まで。  国鉄か...

室蘭民報

市人材センターがアロニア収穫「出来はまずまず」【伊達】

 黒く酸味のある果実アロニアの収穫が伊達市内で始まっている。同市シルバー人材センターが管理する東関内町のほ場で3日、収穫作業があり、枝先にたくさん付いた実を同センターの会員が手際よくもぎ取って...

室蘭民報

秋サケ次々…登別漁港で初水揚げ251キロ【登別】

 秋サケの定置網漁が今月、解禁となった。登別市登別港町の登別漁港では3日、初水揚げがあり、251キロの新鮮な漁体が次々と姿を現し、港を活気づけた。漁期は12月3日まで。  いぶり中央漁協によ...

室蘭民報

道南バスが20日のツアー80人を招待、参加者募る【室蘭】

 道南バス(室蘭市東町、石橋博信代表取締役社長)と私鉄総連北海道地方労働組合道南バス支部(工藤幹彦執行委員長)は20日、2018年「バスの日記念行事」として、「秋の果物狩り&サイロ展望台!洞爺...

室蘭民報

好天に恵まれスワンフェスタ6万5千人が来場【室蘭】

 1、2の両日に行われたスワンフェスタ2018(同実行委員会、室蘭市主催)は、2日間とも好天に恵まれ、前年と比べ微増の6万5千人の来場があった。露店の売り上げも好調で、岩手県宮古市の物産展は前...

室蘭民報

ドライアイス使いコンクリ劣化診断、新技術開発進む【室蘭】

 建設コンサルタントのメイセイ・エンジニアリング(室蘭市中島町、西潟勝代表取締役社長)は、室蘭工業大学と共同で、ドライアイスを使ったコンクリート壁面健全性診断システム(略称・DDSD)の開発を...

函館新聞

開港5都市景観まちづくり会議閉幕 横浜へ大会旗引き継ぐ【函館】

 1日開幕した「開港5都市景観まちづくり会議2018函館大会」(実行委主催)は3日、最終日を迎えた。市地域交流まちづくりセンターで大会旗の引継ぎが行われ、函館大会の佐々木馨委員長から、来年の開催...

函館新聞

嘱託警察犬活躍に期待 道警函本管内で8頭合格【函館】

 民間で飼育し、警察の要請を受けて捜査に協力する「嘱託警察犬」。道警函館方面本部管内では、6月の審査会で8頭が合格し、9月から1年間、行方不明者の捜索などで活動する。  函館中央署(桜庭英樹...

室蘭民報

高砂ふれあい盆踊りで行く夏惜しみにぎやかに【室蘭】

 室蘭・高砂ふれあい盆踊り(同実行委主催)が1日、高砂1丁目公園で開かれ、集まった地域の子どもや大人は夏の終わりを楽しんだ。  高砂周辺では「20~30年ほど実施していなかった」という盆踊り...

日高報知新聞

最優秀に金子瑠那君【日高】

【日高】第62回北海道高等学校定時制通信制生徒生活体験発表大会の日勝地区予選会が8月31日、道の駅「樹海ロード日高」2階のサンポッケで開かれた。  道高等学校定時制通信制文化連盟日勝支部が主催。働き...

日高報知新聞

秋サケ水揚げ始まる【えりも】

【えりも】日高沿岸の秋サケ定置網漁が、えりも町庶野や岬など襟裳岬から東側で始まった。水揚げ量はまだ少ないが、漁港は活気づいている。  管内で一番の水揚げがあるえりも町の秋サケ漁は、一昨年、昨年と...