北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2019年07月」の記事一覧

苫小牧民報

千歳川のブラウン 大物は夕マズメ以降

苫小牧西港(漁港区周辺) チカ 10センチ前後。5~6匹。素針2号。アミエビをスピード餌付け器で付けて。数が少ない。 苫小牧西港(漁港区周辺) ソウハチ、クロガシラ ソウハチ手のひらサイズ...

十勝毎日新聞

8月4日、初フェスティバル キッチンカーや産直【清水】

 清水公園(清水第3線)で8月4日、初めて「清水公園フェスティバル」(町観光協会主催)が開かれる。町内外のキッチンカーが軒を連ねるほか、産直市やステージイベント、ボートの無料開放など多彩な企画を用...

十勝毎日新聞

赤ちゃん誕生に木の「わっこ」 大谷短大・馬場さんら新企画【帯広】

 赤ちゃんに地域の木でできたおもちゃで遊んでもらおうと、帯広大谷短期大学社会福祉科子ども福祉専攻で専任講師を務める馬場拓也さんらが新たなプロジェクトを始めた。木のおもちゃを自治体や企業に出産祝い品...

十勝毎日新聞

最新の「航空宇宙」学ぶ エアロスペーススクール【大樹】

 全国の高校生が航空宇宙分野の知見を広げる体験プログラム「エアロスペーススクール」が23日、町多目的航空公園などで始まった。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と大樹町が共催し、高校生20人が26日ま...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(7月21日ごろ)

■歴舟川 ▽ヤマメ8~23センチ、5~10匹 ▽ニジマス18~35センチ、2~5匹。中流域 ■豊似川 ▽ヤマメ8~20センチ、5~10匹 ▽エゾイワナ8~20センチ、5~10匹。中流域 ■野塚川 ▽ヤ...

室蘭民報

北都ビルの入居店が協力しビールまつりが復活【室蘭】

 室蘭市中島町のサンヴェール北都ビルの入居店舗が協力する「ビールまつり」(北都ビル親睦会主催)が24日、約20年ぶりに復活した。夏イベントを楽しむ常連客でにぎわった。  店舗利用への日ごろの感...

室蘭民報

フロンティアが温泉街にハンバーガーショップ開設【登別】

 社会福祉法人ホープ(白老町)の就労継続支援B型事業所・フロンティア登別(山田大樹施設長)は、登別市登別温泉町にハンバーガーショップを開設した。地元食材を活用したメニューを提供し、今後障害のある...

室蘭民報

盲目のロックシンガー金成さんが港まつり初出演【室蘭】

 室蘭市在住の盲目のロックシンガー、金成(かんなり)克仁さん(58)が第73回むろらん港まつりの港ふれあい広場ステージに初出演する。「金成克仁with怪物ランド」の名前で、尊敬するロック歌手、矢...

室蘭民報

ひきこもり家族交流会―各市町相談窓口と連携へ【室蘭】

 引きこもる子を持つ親による交流会が、室蘭市内で開かれ、「私がいなくなったらどうするんだろう」と参加者が将来への不安を口にした。社会復帰への道筋を模索する家族の葛藤が続いている。 焦りを生む高...

室蘭民報

洞爺湖―ニセコ・倶知安を結ぶアクセスバスの実証運行始まる【洞爺湖・ニセコ・..

 洞爺湖とニセコ・倶知安エリアを結ぶアクセスバスの実証運行が24日に始まった。9月16日までを期間に前半は毎日、後半は週末などに一日1往復する。初日の利用者はなかった。  北海道登別洞爺広域観...

室蘭民報

動物園など子ども天国の2日間―27、28日イベント【伊逹】

 伊達市松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンター前多目的広場で27、28の両日、二つのイベントが開催される。どちらも子ども連れで楽しめ、主催者は多くの来場を呼び掛けている。  一般社団法人伊達...

室蘭民報

市とテクノが共催で航空機産業参入へセミナー開催【室蘭】

 航空機産業への参入を目指す室蘭市内の企業を対象にした品質保証まるわかりセミナーが24日から、東町の室蘭テクノセンター研修室で始まり、市内製造業の従業員らが発注元の要求事項に基づく工程表作成など...

室蘭民報

「サトウビル」解体工事、藤川・高橋JVに決定【室蘭】

跡地に観光地化を提案  室蘭市は23日、本年度中の撤去が決まっている中央町の老朽危険空きビル「サトウビル」の解体工事について、解体事業者に「藤川・高橋特定建設工事共同企業体(JV)」(代表企業・...

室蘭民報

産業振興ビジョンや水素調査の優先交渉者を三菱総研などに決定【室蘭】

 室蘭市は24日までに、市成長産業振興ビジョン策定調査業務と海外再生エネルギー由来水素利活用調査業務の発注先を決める選定委員会を開き、優先交渉者を決めた。ビジョン策定は三菱総合研究所(東京)、水素...

函館新聞

大谷短大、韓国との民間交流継続【函館】

 日韓関係が悪化し、韓国・高陽(コヤン)市と函館市の交流が延期となる中、民間レベルで独自の交流を続けてきた函館大谷短大(福島憲成学長)は今年も、研修団派遣を予定通り実施する。さらに今年は学生1人...

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12