北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2020年03月」の記事一覧

十勝毎日新聞

スカイプ使い脚本作り学ぶ 北高演劇部【帯広】

 帯広北高校演劇部(賀来海穏部長、部員3人)は、演出家弦巻啓太さん(札幌)から脚本執筆のこつを学ぶセミナーをインターネット通話で受けた。新型コロナウイルスの影響でワークショップが開けなかったた...

函館新聞

紅ズワイ鮮度抜群 江差で水揚げ進む【江差】

 【江差】江差港で紅ズワイガニの水揚げが進んでいる。甘みが強く、肉質はジューシーで知られるカニが、春の日差しを浴びて濃い赤色に輝く。  桧山管内で唯一操業するのは、ひやま漁協江差支所所属の松...

函館新聞

曜日ごとにオーナーが替わる 飲食店のシェアバーが4月開業【函館】

 函館市昭和2のIT関連企業「ウィンベストレックス」(上野喜幸社長)は4月1日、市内本町の飲食店ビルの一室で、1つのテナントを曜日ごとに別々のオーナーに貸し出す「シェアバー」の事業を始める。現在...

苫小牧民報

道立施設、来月再開へ 知事「首都圏訪問は注意を」-新型コロナ

 新型コロナウイルスの感染拡大防止へ、鈴木直道知事が出した外出の自粛を求める「緊急事態宣言」が終了して1週間。知事は27日、道庁で臨時記者会見を開き、現在休館・休止している道立施設や道主催のイベ...

苫小牧民報

丹羽孝希の父・孝司さんが卓球スクール開校 未来の代表選手育成へ

 苫小牧出身で東京五輪卓球男子日本代表の丹羽孝希(25)=スヴェンソン=の父、孝司さん(48)が苫小牧市緑町1に丹羽卓球スクールを創設した。3大会連続五輪に出る長男らを育てたノウハウを生かす。未...

日高報知新聞

管内初の人工芝導入 合宿誘致を後押し【浦河】

 浦河町は2021年度までに、西舎の優駿の里公園多目的広場の一部を人工芝に張り替える。現在は全面天然芝で、人口芝の導入は日高管内で初めて。  多目的広場(サッカーコート3面分)は、主にサッカ...

日高報知新聞

世界最大の油彩画も 太陽の森ディマシオ美術館開館【新冠】

【新冠】廃校(旧太陽小)を利用してディマシオの世界最大の油彩画を展示している町内の太陽の森「ディマシオ美術館」が26日、今シーズンの営業を開始した。2010年8月にオープンした美術館は今年で10周...

十勝毎日新聞

強風なんの… 管内4ゴルフ場オープン【十勝】

 十勝管内の4ゴルフ場が28日にオープン、シーズン到来を待ちわびていたゴルファーがさっそく来場し、プレーを楽しんだ。  この日オープンを迎えたのは、幕別町内の札内川ゴルフ場、帯広国際カントリ...

十勝毎日新聞

【ドローン映像】何もない春 襟裳岬

 十勝を飛び出し、日高山脈最南端の襟裳岬(えりも町)をドローン撮影。海上から岬を望むと、荒波に洗われた岩礁地帯の奥に冬枯れした大地が広がった。 映像はこちら→何もない春 襟裳岬https://kachimai...

十勝毎日新聞

動画で楽しく英語学習 ユーチューブに月1本配信 ALTモニカさん【中札内】

 中札内村教委ALT(外国語指導助手)のキャッツァー・モニカさん(25)が、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で、英語学習動画「English with Monicahttps://wwwyoutub...

室蘭民報

品薄続くマスク、室蘭ソーイングが首都圏へ提供検討【室蘭】

 新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク需要が落ち着く兆しが見えない。室蘭市内の薬局では衛生用品の欠品状態が続く。“脱使い捨て”に向け、既に布マスクの生産に乗り出した市内の縫製会社が首都圏への供...

室蘭民報

市内で遠隔授業や庁内ネット活用などコロナ対応【室蘭】

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、室蘭市母恋北町の北海道福祉教育専門学校(澤田乃基学校長)は、道の委託を受け実施している介護研修で、学校と実習生がいる施設をインターネットで結んだ「遠隔授業」に...

室蘭民報

緊急事態宣言から1カ月…依然客足戻らず【西胆振】

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、鈴木直道道知事が道民に不要不急の外出自粛を要請した「緊急事態宣言」から28日で1カ月。宣言は19日で終了したが、国内外での感染拡大は依然衰える気配はない。大...

室蘭民報

川近社長に久下氏、赤沼氏は会長に就任へ【東京】

 川崎近海汽船(東京)は27日、取締役会を開き、赤沼宏代表取締役社長(67)が代表権のある会長に就き、後任に久下豊専務取締役(60)が就任する取締役人事を決めた。6月24日開催予定の定時株主総会...

函館新聞

南茅部高・片桐校長が「南茅部のキセキ」出版 1年間の軌跡まとめる【函館】

 今年度で定年退職となる南茅部高校(函館市)の片桐清実校長(60)は、1年間発行してきた校長通信や学校の様子などをつづった「南茅部のキセキ」を自費出版した。今年度の入学者が9人だったことから、募...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス