北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2020年04月」の記事一覧

日高報知新聞

「千島モデル」の巨大地震による津波想定はえりもで最大27・9㍍

 内閣府が21日に公表した太平洋沖の襟裳岬以東「千島海溝モデル」と、日高地方から岩手県沖の日本海溝沿いの「日本海海溝モデル」で、巨大地震が発生した場合の津波高や浸水域の推計によると、道内の津波高は、...

十勝毎日新聞

「味守る」遺志継ぐ家族 「いとう」伊藤英人さん死去【清水】

 豚丼の人気店「ドライブインいとう」(清水町熊牛)の創業者で、4日、店の倉庫で起きた火災の犠牲になった伊藤英人さん(享年76)。家族はチャレンジ精神で人生を切り開いた伊藤さんの遺志を継ぎ、その...

十勝毎日新聞

菖蒲 守護神に フットサル強豪 順大進学【帯広】

 今春、帯緑陽高を卒業した菖蒲碧(しょうぶ・あおい)が順天堂大に進学し、体育会系フットサル部に入部した。高校時代はGKとしてサッカー部で活動する傍ら、社会人フットサルチームのソルティエラとかちF....

十勝毎日新聞

テークアウト配達 複数関心 管内タクシー会社【十勝】

 タクシー事業者は5月13日までの期間限定で、飲食店の依頼を受けた配達を行えるようになった。新型コロナウイルスの感染拡大によるテークアウト需要の高まりを踏まえての特例措置。状況によって期間を延...

室蘭民報

室工大が22日からオンライン授業をスタート【室蘭】

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い延期されていた室蘭工業大学(空閑良壽(くが・よしかず)学長)で22日から、インターネット経由の遠隔授業がスタートした。学生らはウェブ会議システムで受講し、授業...

室蘭民報

伊逹消防署に新しい救急救命士と道内初の女性救助隊員誕生、一層市民の力に【..

 伊達消防署に新しい救急救命士と道内初の女性救助隊員が誕生した。救急救命士の国家試験に合格したのは警防課救急係の齋藤智之主任(38)で、消防職員が養成所に派遣されての合格は2007年(平成19年)...

室蘭民報

町が時差出勤、飛沫感染防止シートも設置【白老】

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、白老町は22日から時差出勤、分散勤務、分散執務を実施している。住民サービスを維持しながら、職員同士の接触を減らして感染リスクを抑える。町民と接する窓口には...

室蘭民報

店舗賃借料支援10万円など…市緊急経済対策第1弾まとまる【登別】

子育て世帯に飲食券  新型コロナウイルス対策に向けた、登別市の緊急経済対策第1弾の詳細がまとまった。売り上げが減少している中小事業者に、店舗の賃借料支援として10万円を給付する。子育て世帯には市内...

函館新聞

休校の教室で児童勉強 居場所確保へ市内7小学校開放【函館】

 新型コロナウイルスの感染拡大による国の緊急事態宣言を受けて休校中の函館市内の小学校のうち7校で21日から、学童保育所を利用せず、日中保護者や親せきが家庭にいない小学1~4年生の児童を対象とした...

函館新聞

函館商議所が3市場緊急応援策 利用券5000円分を800人に【函館】

 函館商工会議所(久保俊幸会頭)は22日、新型コロナウイルスで疲弊する地域経済への緊急応援策として、函館朝市とはこだて自由市場、中島廉売の3市場で使える利用券5000円分を、抽選で計800人に配布...

釧路新聞

昭和東公園、三世代の視点で 【釧路】

 釧路市が2020年度着工する昭和東公園(昭和中央1)は、新しい試みとして、地域の子供から大人まで幅広い世代の意見をくみ上げ、利用しやすい環境づくりを進めている。4カ年事業で予算総額は2億円。2...

根室新聞

市の最大津波高22メートル 大地震モデルの検討結果公表【根室】

 内閣府は21日、日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデルの検討結果を公表した。根室市は震度6強、別当賀の太平洋岸で最大沿岸津波高22メートル、花咲港には約15メートルの津波が押し寄せると推計された...

日高報知新聞

ホッカイドウ競馬 第2回開催も無観客【日高】

【日高】15日に門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため第1回開催(15、16、22、23日)を無観客で開催しているが、国の緊急事態宣言を踏まえ、第2回開催(28、29日、5...

日高報知新聞

福祉施設の入所者、職員とも厳戒態勢 新型コロナ対策で【浦河】

 道内の新型コロナウイルス感染者が拡大する中、特に重症化リスクが高い高齢者が生活する介護老人福祉施設などで感染予防対策の徹底など厳戒態勢が続く。幸い現段階で浦河町内での感染例はないが、マスクや...

日刊留萌新聞

エゾヤマザクラ開花 増毛の元陣屋に春の訪れ

 増毛町内で早咲きのサクラと知られる、町総合交流促進施設元陣屋のエゾヤマザクラが、20日に開花した。まだつぼみの状態のものも多いが、同施設の南側屋根の樹木の一部では三分咲きまで進み、毎年、エゾ...

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス