北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2020年05月」の記事一覧

十勝毎日新聞

福祉事業所 コロナに負けず 市内に開設【帯広】

 新型コロナウイルスの感染防止対策が続く中、帯広市内では今月、新しい福祉事業所が相次いで産声を上げた。児童デイサービスを手掛ける「はじめのいっぽ結(ゆい)」(東1南28)、障害者の自立をサポートす...

室蘭民報

検温、消毒「お願い」 ディノス室蘭、きょう再開【室蘭】

 道は25日から段階的に休業要請を緩和する。解除の対象となった遊興施設では、再開に向けた準備が進められている。同日からボウリング場、映画館、バッティングセンター、ゲームセンターの営業を再開する室...

室蘭民報

ホッ…とする空間 市民美術館再開、初の日曜日【室蘭】

 室蘭市幸町の市民美術館は19日、新型コロナウイルス感染拡大による休館から再開。初の日曜日を迎えた24日は、午前中から多くの市民らが訪れ、西胆振ゆかりの画家が描いた油彩画などに見入っていた。 ...

室蘭民報

壮瞥高、ブドウ苗木定植 京都の醸造会社が寄贈【壮瞥】

 壮瞥町の壮瞥高校に、町内でワイン醸造用ブドウの試験栽培を進めている、京都府の醸造会社「丹波ワイン」から、教材用としてブドウの苗木が届いた。同校は「加工用の果樹を学ぶ機会ができ、本当にありがたい...

室蘭民報

市、議会のペーパーレス化加速 コロナ対策にも効果期待【登別】

事務負担軽減/ネット環境整備  登別市のペーパーレス化が加速している。市議会では4月から、ネットワーク上で情報共有できるグループソフトウェアの活用を始めた。昨年度は市が電子決済システムの導入など...

函館新聞

王様しいたけ 有機JAS認証取得 道内初【七飯】

 【七飯】七飯町鶴野でブランドシイタケ「王様しいたけ」を栽培・販売する福田農園(福田将仁社長)は、生シイタケと乾燥シイタケの両方で有機JAS認証を取得した。道林業木材課は「道内のきのこ生産者で取...

函館新聞

100均商品で簡単フェイスシールド自作 市内の佐藤さん【函館】

 函館市内の警備会社に勤務する佐藤慶輔さん(38)は100円ショップで購入した商品で可動式のフェイスシールドを自作した。材料が3種類とシンプルで、20分程度で完成。コストパフォーマンスも良く、周...

十勝毎日新聞

子育て 見守って タンチョウ【浦幌】

 国の特別天然記念物タンチョウのつがいが一生懸命に子育てする姿が今年も浦幌町内の河川で確認され、関係者を喜ばせている。  町内に生息するこのつがいは、以前からほぼ同じ場所で営巣。例年は3月末...

十勝毎日新聞

花火打ち上げコロナ退散 全国一斉を計画 十勝から沖商店も

 新型コロナウイルスの影響で各地の花火大会が中止となる中、一刻も早い収束を願い、全国一斉に花火を打ち上げるプロジェクトが進められている。十勝からは沖商店(帯広、沖慶一郎代表)が参加する。打ち上げは...

十勝毎日新聞

児童稲作今年はバケツで コロナ影響で初挑戦【池田】

 利別小学校(猪股宏亮校長)の3年生12人が21日、ポリバケツを使った「バケツ稲作り」に初めて挑戦した。  同校ではかつて盛んだった稲作を学ぶ「田植え体験」を町千代田の水田で毎年実施していた...

函館新聞

豊作願い田植えスタート 道南各地【北斗】

 【北斗】道南の多くの農家で23日、今年産米の田植え作業が始まった。前日までの低温が落ち着き、この日は16・4度(函館の最高気温)まで上昇。農家は豊作を願い、青々とした苗を次々と植えていった。 ...

函館新聞

営業再開早まるかも/摩周丸で塗装作業も急ピッチ【函館】

 函館市青函連絡船記念館摩周丸(若松町)では、31日までの臨時休館中に甲板など屋外の塗装作業を進めている。政府が北海道などで継続している緊急事態宣言を25日にも解除する見通しとなったことを受け、...

根室新聞

コロナ便乗許さない! 詐欺被害防止へ啓発【根室】

 根室警察署は22日、花咲港地区の65歳以上の高齢者宅を訪問し、新型コロナウイルスに便乗した詐欺被害などを防止するため、チラシなどを配布して啓発活動を実施した。  根室市では、新型コロナウイルス...

苫小牧民報

地域に愛され大好評 チーズケーキ再々製造決定 鵡川・沙流川DMO「ワクワ..

 むかわ、日高、平取の3町で構成する鵡川・沙流川DMO「ワクワクワク」が販売している日高のチーズを使った「ワクワクワクチーズケーキ」が地域で人気を集めている。子どもから大人まで幅広い客層から「食...

苫小牧民報

稚魚のひれ切り始まる ヒメマス放流年識別用-支笏湖漁協

 ヒメマスのふ化増殖事業を手掛ける千歳の支笏湖漁協が、来月の放流に向けて稚魚のひれを切る作業をふ化場で進めている。漁獲時に放流年を識別するためで、作業員が小さなはさみで手際よく片方の腹びれを切除...

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス