北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2020年08月」の記事一覧

根室新聞

一日も早い北方領土返還を―市民大会開く【根室】

 北方領土の一日も早い返還を願う北方領土返還要求根室市民大会(大会長・石垣雅敏市長、実行委員長・長谷川俊輔根室市北方領土返還要求推進協議会長)が2日、道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」横の...

根室新聞

かに祭りの雰囲気ウェブで―市観光協会が特設サイト開設【根室】

 根室市観光協会(岡野将光会長)は1日、新型コロナウイルス感染防止対策のため今年の開催を中止した根室かに祭りの雰囲気を楽しんでもらおうと、特設サイト「web de 根室かに祭り」=写真=を開設...

根室新聞

地球探索鉄道 花咲線ラッピングバス、タクシー発車【根室】

 根室市にJR北海道が共催し、根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会が後援するJR花咲線存続に向けたブランド再構築事業「2020年夏季プロモーション」が1日から始った。関係団体などと連携した取り...

室蘭民報

本田さん輝くゴールド ジュニアマイスター顕彰制度【室蘭】

国家資格・検定、数々取得 髙橋さん、千葉さんも危険物乙種全6種  室蘭工業高校電子機械科3年の本田桜太さん(17)が、全国の工業高校の生徒が、資格・検定の合格を通して身に付けた知識・技術・技能を...

室蘭民報

「農福連携」へ準備着々 利用者、仕事持ち帰り作業【伊達】

矢野農園と太陽の園  伊達市西関内の矢野農園と、同市幌美内町の北海道社会福祉事業団「太陽の園」が、農業と障害者福祉が結びつく「農福連携」の実施に向けて準備を進めている。「でめんさん」のように利用...

苫小牧民報

せいこドーム屋内リンク 今季営業スタート-安平

 安平町スポーツセンター「せいこドーム」の屋内スケートリンクが1日、今季の営業を開始した。初日からアイスホッケーやフィギュアスケートのクラブチームが訪れ、氷上での練習に汗を流した。同センターでは...

苫小牧民報

地域資源活用で魅力創出 ウイマム文化芸術プロジェクト-白老

 自然や文化など地域が育んだ資源を活用した文化芸術活動「ウイマム文化芸術プロジェクト」(文化庁、実行委員会主催)が今年も白老町を舞台に展開される。北海道土産の代名詞とされた「木彫り熊」に焦点を当...

苫小牧民報

環境の大切さ実感 アルテンでせせらぎスクール

 苫小牧市環境基本計画推進会議は1日、自然の中で子どもたちが環境について学ぶ「せせらぎスクール」を市内樽前のオートリゾート苫小牧アルテンで開催した。市内の小学生21人が参加し、敷地内の覚生川で水...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」 最大効果の交通体系に 鉄路は構造改..

北大公共政策大学院客員教授 石井いしい 吉春よしはるさん(66)  北大公共政策大学院客員教授で、苫小牧東部地域で土地を造成、分譲する第3セクター「苫東」の会長を務める。道運輸交通審議会会長、...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」 集客と対策を両立 伝統踏まえ国際交..

アイヌ民族文化財団理事長 常本つねもと 照樹てるきさん(64)  道内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから約半年が過ぎた。全国の感染状況に収束の兆しは見えず、3密(密集、密閉、密...

室蘭民報

4小学校で朝イチリフレッシュ体操 運動やっぱり楽しい!【登別】

 登別市スポーツ推進委員会主催の朝イチリフレッシュ体操が1、2の両日、登別市内の4小学校であり、参加した子どもや大人たちはそれぞれ自身の体力に合わせて元気に体を動かした。  リフレッシュ体操は...

日高報知新聞

早速、水汲みに【浦河】

 浦河町上杵臼の国道236号天馬街道沿いの翠明橋公園内で1日、長らくストップしていた湧水の提供を再開した。この日を待ちわびていた人も多く、「またおいしい水が飲める」と喜んでいる。  公園の湧水は...

日高報知新聞

3年生、節目の舞台へ

 新型コロナウイルス感染防止のため中止となった日高管内中体連各競技大会の代替試合が、1日のバスケットボールやバレーボールを皮切りに管内各地区で始まった。主催は全競技とも協会や連盟、町教委。中学3年...

十勝毎日新聞

食やスポーツ 事業展開 「アスリートファーム」設立 MTB・山本選手【十..

 自転車マウンテンバイクで来夏の東京五輪日本代表が決まっている幕別町出身の山本幸平選手(34)=ドリームシーカーレーシングチーム-国際自然環境アウトドア専門学校、帯農高出=は、自らが個人事業主を務...

十勝毎日新聞

名古屋線 初便到着 歓迎の記念品 8月限定運航【帯広】

 日本航空(JAL)の帯広-中部国際空港(名古屋)線の今年の季節運航が2日から始まり、同日午後、名古屋発の初便がとかち帯広空港に到着した。新型コロナウイルスの影響で利用客は例年より少なめだった...

1 2 3