北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2021年07月」の記事一覧

苫小牧民報

美濃和紙にアイヌ文様 伝統工芸とのコラボ商品第2弾 観光土産品を開発 しらお..

白老町の一般社団法人しらおい振興センターは、岐阜県の美濃和紙にアイヌ文様をプリントした観光土産品を開発し、町内で販売を開始した。国内の伝統工芸とアイヌ文化のコラボレーション商品第2弾で、同センター...

名寄新聞

美小、幼児センへ雪山造成・元気に駆け登る姿も【美深】

 美深町商工会工業部会(齊藤宏行部会長)は19日午前、美深小学校と美深町幼児センターで雪山を造成。子どもたちが元気に雪山で遊び、喜ばれた。  同部会では、2007年から毎年、「美深ふるさと夏ま...

十勝毎日新聞

小麦 一気に黄金 猛暑の収穫【芽室】

 十勝畑作の「エース」とされる秋まき小麦の収穫作業が19日、管内各地でスタートした。ここ数日の猛暑で一気に生育が進み、予定より収穫が早まる傾向に。黄金色の畑の中を大型コンバインが音を立てて移動し、...

十勝毎日新聞

「十勝若牛」ジンギスカンに JA木野「ハピオ」とJA十勝清水町がタッグ【..

 JA木野(清都善章組合長)の子会社のスーパー・ハピオ(音更町)とJA十勝清水町(氷見隆雄組合長)などは20日、新商品「十勝若牛ジンギスカン」を発表した。羊肉の代わりに牛肉を使用した珍しいジンギス...

十勝毎日新聞

芽室コーン 地ビールに JA青年部 22日発売【芽室】

 JAめむろ青年部(川瀬良介部長)は、町の特産品であるスイートコーンを副原料に使った地ビール「めむろゴールドクラフト」を開発した。醸造は地ビールメーカーの大雪地ビール(旭川)が行い、爽やかな味わ...

日高報知新聞

日高で観測史上最高35・51度

 道内、日高地方は高気圧に覆われた影響で19日も猛暑が続く天気となり、午後3時現在、内陸部の日高町日高で1978年の最高気温35・5度を上回る35・51度と管内の観測史上の記録を43年ぶりに更新し、猛暑日に...

日高報知新聞

懐かしい鉄道写真展【浦河】

 廃線になった旧JR日高線鵡川―様似間を偲ぶ浦河町内を中心にした「日高線の想い出・懐かしの鉄道」の写真展が、31日まで浦河町西幌別の旧日高幌別駅ホールで開かれている。  町民有志の「旧日高線を歩く会...

函館新聞

ホテル恵風の売却候補先 募集開始【函館】

 函館市は、椴法華地区で指定管理者の椴法華振興開発(中市敏樹社長)が運営する「ホテル恵風」(恵山岬町61=29室)の売却候補先を募集している。学識経験者などで構成する選定委員会によるプレゼンテー...

函館新聞

カドウフーズと美鈴がコラボ はこだて雪んこコーヒー味販売中【函館】

 菓子・総菜製造販売の「カドウフーズ」(函館市追分町、嘉堂聖也社長)は、コーヒー豆焙煎卸売販売の「美鈴商事」とコラボレーションした餅のスイーツ「はこだて雪んこコーヒー」(税込み250円)を発売し...

釧路新聞

ラッコ縫いぐるみでPR【浜中】

  認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト(小川浩子理事長)は22日、霧多布湿原センターでオリジナルのラッコの縫いぐるみを発売する。湯沸岬(通称・霧多布岬)沖では近年、数頭のラッコの生息が確認...

苫小牧民報

ウポポイ 開業1周年祝う 古式舞踊を上演 体験会、飲食店も人気 宇梶さんらト..

アイヌ文化の復興と発展のナショナルセンターとして国が白老町に整備した民族共生象徴空間(ウポポイ)で17日、開業1周年の記念セレモニーとイベントが開かれた。ウポポイPRアンバダサーを務める俳優宇梶剛...

苫小牧民報

「美苫」に純米酒登場 来月6日新発売 飲み飽きないおいしさ みのり会

苫小牧酒販協同組合美苫みのり会(平田幸彦部会長)は、苫小牧の地酒「美苫」の純米酒を新発売する。従来主力の純米吟醸と比べてお米の磨きが少ない分低価格帯で、8月6日から苫小牧市や厚真町、小樽市の小売店...

苫小牧民報

ホッキ貝「むき身」製品化へ 家庭でもより食べやすく 苫小牧漁協

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今年度、水揚げ日本一を誇るホッキ貝の製品開発に取り組む。個人需要を掘り起こすため冷凍や加工の対応に力を入れながら製品化を目指す方針。新型コロナウイルス感染拡大...

十勝毎日新聞

萩さんPGクラブ 第6弾 シャフト改良し飛距離向上【帯広】

 JALカップパークゴルフ全日本選手権を4度制した帯広市内の飲食店経営萩史之さん(43)が監修した、大手スポーツメーカー・ミズノのパークゴルフ(PG)クラブ第6弾が販売されている。「萩モデル」は...

十勝毎日新聞

国際姉妹都市の市と米国スワード市 まち紹介動画で交流へ【帯広】

 帯広市と国際姉妹都市の米国アラスカ州スワード市は、高校生によるまち紹介の動画を送り合って交流する事業を行う。新型コロナウイルスの影響で派遣事業が中止となったため、代替として実施する。ワークショッ...

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12