北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2021年09月」の記事一覧

室蘭民報

父母ら自宅で参観日 東小、初のオンライン配信【伊達】

 伊達市東小学校(管沢秀信校長、374人)の参観日が27日、2年生からスタートした。父母らが自宅から見学するオンライン方式で初めて行われ、児童たちは発信用タブレットパソコンのカメラに向かって発表...

室蘭民報

テークアウト活況 のぼ丼販売や閻魔やきそば開発【登別】

地元食材で利用促進期待  登別市内では地元食材をふんだんに活用したメニューのテークアウトが活況だ。27日にはご当地丼「のぼ丼」が販売されたほか、持ち帰り用のメニューを相次ぎ投入する業種もあり、...

日刊留萌新聞

倒壊から4年留萌港の西防波堤に新灯台設置【留萌】

 平成29年12月、発達した低気圧による影響で留萌港西防波堤の南灯台が倒壊。これを受けて第一管区海上保安本部(小樽市)、留萌開発建設部が建設作業を進めてきた新しい南灯台の設置工事が27日、同防...

十勝毎日新聞

ユリ根で揚げかまぼこ 大坂農場が道の駅で販売【幕別】

 ユリ根農家の大坂農場(幕別町忠類新生176、大坂崇士代表)がユリ根を使った揚げかまぼこ「ナウマンボール」の販売を道の駅・忠類で始めた。同農場として加工品作りに挑戦するのは初の試み。毎年一定数出る...

十勝毎日新聞

「極上水」廃止も視野 採算割れ、事業見直し【帯広】

 帯広市は、2007年度から製造を続けているペットボトル入り水道水「おびひろ極上水」に関し、18年度から3年連続で赤字決算となったことから、事業の見直しに着手する考えを示した。採算割れの解消は難し...

十勝毎日新聞

「花を身近に」ロビー展示 十勝振興局【帯広】

 十勝合同庁舎(帯広市東3南3)の1階ロビーで28日、フラワーアレンジメントの展示が始まった。十勝産のカーネーションやトルコギキョウのほか、道内産の花々10種類以上が飾られ、来庁者らの目を楽しま...

釧路新聞

釧路湿原を照らす夕焼けを堪能【釧路】

世界三大夕日に数えられる釧路の夕日を列車内から楽しむ「夕陽ノロッコ号」が27日、今季の運行初日を迎えた。観光列車として人気の高いJR北海道の「くしろ湿原ノロッコ号」の限定版で、29日までの3日...

函館新聞

カボチャの重さ分かるかな? 上ノ国の道の駅でイベント【上ノ国】

 【上ノ国】道の駅「上ノ国もんじゅ」は、町内17軒の農家などが育てたジャンボカボチャを重量の重い順に3位まで予想する「ウマかぼちゃハロウィンダービー」を開催している。的中者3人までに町特産品詰め...

函館新聞

キングサーモン養殖事業順調 飼育観察充実へ大型水槽設置【函館】

 函館市が今年度から取り組んでいるキングサーモン(マスノスケ)の完全養殖技術研究事業が順調に進んでいる。研究拠点である市国際水産・海洋総合研究センター(弁天町)では10月にも、現在仮水槽で飼育中...

日高報知新聞

夏イカの店頭販売【浦河】

 浦河町の夏の風物詩として知られている〝夏イカ〟の店頭販売が18日から始まった。新鮮なイカを待ちわびた大勢の客が町内外から訪れている。国道沿いの町内井寒台にある木村商店(木村栄一社長)の夏イカは、浦...

日高報知新聞

子どもたちが住める町に【様似】

【様似】4期務めた坂下一幸町長(73)の引退で新人3人の争いとなった任期満了(10月10日) に伴う様似町長選挙は、26日午前7時から午後7時まで8カ所の投票所で投票が行われ、午後8時から中央公民館で即日開...

室蘭民報

個人塾、オンライン授業 学習進ちょく状況共有、輪西・共生舎【室蘭】

 室蘭市輪西町の個人塾「共生舎」は、9月から対面授業と並行してオンライン授業を開始した。北海道観光マスターの資格を持つ高橋慎吾代表(35)は「オンラインは場所を選ばないので、気楽にいろんな学びの...

室蘭民報

韓流ブーム再び、西胆振でも 菓子・飲食店・雑貨店…、主婦らに人気【室蘭】

 2020年(令和2年)に日本で配信された韓流ドラマ「愛の不時着」や「梨泰院クラス」、世界的に人気を集める男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」が火付け役となった「第4次韓流ブーム」。室...

室蘭民報

秋色、レイクヒル・ファーム 15種類以上の花咲く【洞爺湖】

 洞爺湖町花和のジェラート店レイクヒル・ファーム(塩野谷通代表)の花畑で、秋の花が見ごろを迎えている。コスモスビッキーなど15種類以上が美しさを競い合い、観光客らの目を楽しませている。  同店...

室蘭民報

市、内部事務デジタル化 来月から本格始動、テレワーク環境を充実【登別】

労務や文書管理  登別市は10月から、職員の業務効率化に向け、内部事務のデジタル化を本格化させる。一部導入していた電子決裁を全事務に拡大。労務や文書管理もシステム化する。コロナ禍のリスク分散や働...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10