北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

「2021年09月」の記事一覧

十勝毎日新聞

30日までに! プレミアム商品券引き換え【帯広】

 新型コロナウイルスの経済対策として、帯広市内在住者向けに発行する「おびひろプレミアム商品券」の販売・利用が24日に始まった。事前に指定された窓口には、商品券を購入する予約者が続々と訪れた。参加...

十勝毎日新聞

30年の歴史 ポスター壁一面に 帯広美術館【帯広】

 22日に開館30周年を迎えた道立帯広美術館(帯広市緑ケ丘2)で、「帯広美術館30年ヒストリー」が始まった。同館で開催された歴代の特別展のポスターが飾られ、来館者の目を引いている。11月7日まで...

日高報知新聞

優雅に舞うタンチョウ【新ひだか】

【新ひだか】三石美野和の町道沿いの草地に13日、国の特別天然記念物のタンチョウが3羽訪れた。  国の特別天然記念物のタンチョウは、国内では北海道東部の湿地を中心に分布。クッチャロ湖やサロベツ湿原...

函館新聞

福島町の岩部漁港にハートの潮だまり 映える新名所【福島】

 【福島】福島町観光協会(出羽正機会長)は、クルーズ船が発着する岩部漁港内に干潮時だけ現れる「ハート」型の潮だまり(潮が引いたあと海水が残留してできる水たまり)を新たな観光スポットにしようと、S...

函館新聞

思い出詰まった車両残したい 「元祖バスラーメン」整備へCF【函館】

 小型バスを改造した老舗移動ラーメン店「函館元祖バスラーメン」の老朽化した旧車両を残そうと、市内で飲食店を経営する「BRAND―G」代表の波並寛さん(43)がクラウドファンディング(CF)で整...

釧路新聞

シカ肉スティックを期間限定で販売【釧路】

地元老舗スーパーのあいちょう芦野店(釧路市芦野1、相澤長昇店長)は、釧路の栄養士高橋未佳さんが開発したエゾシカ肉を使ったオリジナル商品「しっかりプロテインスティック」を24日までの期間限定で、...

日高報知新聞

B☆Bが一日署長に【浦河】

 秋の全国交通安全運動(21~30日)に合わせ浦河警察署(佃正広署長)は21日、「出動式」を築地の同署前で行った。  浦河警察署員のほか浦河、様似、えりも町の職員、日高地区交通安全推進協議会、浦河地...

十勝毎日新聞

旧狩勝線 案内看板を設置 「鉄道遺構 理解深めて」【新得】

 新得町教育委員会は、町指定文化財の旧狩勝線鉄道遺構群で未設置だった6カ所に案内看板を設置した。明治時代の石積みアーチ橋などが残っており、町教委は「文化財や鉄道遺構群に理解を深めて」と呼び掛けてい...

十勝毎日新聞

体力知力“上昇”… 大型遊具続々と 市児童会館【帯広】

 帯広市の児童会館(緑ケ丘2)が屋内遊具を21年ぶりにリニューアルし、緊急事態宣言解除後の10月にも利用を開始する。ボルダリング遊具を市の屋内施設では初めて導入、知育にも有効な海外製の大型遊具を配...

十勝毎日新聞

苦心のブドウたわわ 栽培6年目 農園で直売も【幕別】

 幕別町栄の「古舞ぶどう園ハヤサカ」は、高級ブドウで知られるシャインマスカットを育てて販売している。収穫期を迎えたビニールハウス内では、ブドウ棚から大きな実を付けた房が垂れ下がり、甘い香りを漂わ...

十勝毎日新聞

十勝からの情報(9月19日ごろ)

■猿別川 ▽ニジマス 20~35センチ、3~5匹。中流域~下流域。ヤマメが混じる ■音更川 ▽ニジマス 20~40センチ、3~5匹。士幌町市街周辺 ■豊似川 ▽ヤマメ 10~25センチ、5~10匹、...

函館新聞

上ノ国の秋の風物詩 田んぼに稲積並ぶ

 【上ノ国】町中須田の道道江差木古内線南側に広がる京谷作右衛門さん(78)方の田んぼで、穂のついた稲わらの束を積み上げ自然乾燥させる作業が始まった。21日までに45基の円錐形をした稲積(にお)が並...

函館新聞

道内179市町村「歩き旅」ゴール 東京の奥村さん、92日で4100キロ

 東京都墨田区在住の奥村誠章さん(51)は、6月から北海道179市町村を徒歩でめぐる「歩き旅」にチャレンジし、21日、函館市でゴールを迎えた。キャンプ用具一式をカートに積み、92日で4100キロを...

苫小牧民報

オンライン面会サポート 支援事業を開始 認知症の人と 家族などの会  白老

白老町認知症の人と家族などの会(平野弘会長)は、高齢者施設の入所者と家族のオンライン面会を支援する事業を始めた。新型コロナウイルス対策で直接面会を制限し、代わりにオンライン面会を導入する施設が増え...

苫小牧民報

「ポイ捨てはやめよう」 港や浜辺で毎日ごみ拾い、元同級生3人組

苫小牧市の釣り愛好家の男性3人組が3月から毎日、市内外の港や浜辺でごみ拾いを続けている。来春にも釣り防波堤として有料開放される見通しの苫小牧港・東港の通称「一本防波堤」(内防波堤、延長約1030メ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10