北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「サウナ協議会」 あす発足、魅力発信へ【十勝】

 サウナ文化の発展やサウナによる観光推進などを目的に、宿泊施設などでつくる「十勝サウナ協議会」が16日に発足する。同日、帯広市内で設立総会を開き、会長には十勝ガーデンズホテルの後藤陽介社長が就任する予定。

 昨年、全国組織の日本サウナ学会が設立され、北斗病院(帯広)の加藤容崇医師が代表理事に就いた。十勝の関係者が複数参加していることから、十勝からもサウナ文化を普及する機運が高まっていた。

 管内の施設が連携し、サウナという新しい観光コンテンツで交流人口を増やしていくため、協議会の設立が決まった。

 具体的な取り組みでは協議会のホームページを立ち上げてサウナの魅力などを発信したり、ホテルのサウナを巡るパスポートの発行などを計画している。

 会員は管内の5宿泊施設と病院、観光系の団体などで構成する。熱したサウナストーンに水を掛けて水蒸気を発生させる「ロウリュ」が可能なことなど、10項目を満たした施設が対象となる。病院も入ることで、医学的な知見からサウナを広めるヘルスツーリズムにもつなげていきたい考えだ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...