北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

インターアクトクラブ40年ぶり復活 大谷高生が奉仕活動【帯広】

例会でインターアクトクラブの認定証や鐘などを受け取った(左2人目から)帯広大谷高ボランティア部の3人。左端は関口会長、右端は帯広北RCの松岡真勝幹事

 帯広北ロータリークラブ(RC、関口亘会長)は組織内に、12~18歳のメンバーで構成する「インターアクトクラブ」を立ち上げた。帯広大谷高校のボランティア部や生徒会の生徒らが所属し、社会人や大学生と交流しながら奉仕活動に取り組む。十勝・帯広のRCにインターアクトクラブがあったのは1970年代後半までと言われており、約40年ぶりの復活となる。

 RCは国際的な社会奉仕団体・国際ロータリーの地域クラブ。十勝・帯広には五つのクラブがあるが、インターアクトクラブの活動は長らく途絶えていた。

 現在、道内のインターアクトクラブは旭川などの10クラブのみ。今回は帯広北RCの会員が帯広大谷高校のボランティア部に打診し、インターアクトクラブの“再結成”が実現した。

 帯広北RCは7日、ホテル日航ノースランド帯広で開いた例会の席上、インターアクトクラブの結成認定証授与式を行った。認定証や活動に使う鐘や旗などを手渡された同校ボランティア部の神谷涼太部長(16)=2年=は「今は新型コロナウイルスの影響でできることが少ないが、社会人の皆さんの協力で活動の幅が広がるはず。今後はさらに積極的に奉仕活動に取り組んでいきたい」と述べた。

関連記事

苫小牧民報

白老仙台藩陣屋跡 ピンク色 サクラ開花

白老町陣屋町の白老仙台藩陣屋跡でサクラが咲き、訪れる人たちが春風景を楽しんでいる。  白老仙台藩陣屋は幕末の北方警備拠点で、その跡地は国の指定史跡として保存されている。サクラの観賞スポットとし...

苫小牧民報

112年の歴史に幕 後継者不在と高齢理由に いとう履物店 10月末で 地域に..

苫小牧市中心街で1909(明治42)年から続く老舗のいとう履物店(大町1)が、10月末で閉店することになった。3代目店主の伊藤謙一さん(81)は「後継者不在と高齢」を理由に挙げ、「3代にわたってや...

苫小牧民報

市プレミアム付き商品券第2弾申請書発送へ  受け付け31日まで 来月22日..

苫小牧市は7日から、新型コロナウイルスに伴う地域経済対策の目玉事業、プレミアム(割り増し)付き商品券の「購入引換券交付申請書」を発送する。購入希望を確認する申請書で、8日から各家庭に到着し始め、今...

十勝毎日新聞

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳【帯広】

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。...

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...