北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ウトナイ湖にタンチョウのひな130年ぶり

ウトナイ湖周辺で確認されたタンチョウの親子。右にいるのがひな(日本野鳥の会提供)

日本野鳥の会は1日、苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリ内の湿地で、タンチョウのひなを130年ぶりに確認したと発表した。同湖を含む周辺地域で親子の姿が確認されたのは初めて。同サンクチュアリで営巣、産卵した可能性が高く、中村聡チーフレンジャーは「住宅や工場が近くても、タンチョウが住める貴重な湿地環境が残されている」と強調した。

 今年5月26日、レンジャーの1人が同サンクチュアリで、まだ飛べないひな1羽を連れた親鳥を確認した。1カ月後にも同じ場所に親子がいた。営巣は確認できていないが、広い湿原と外敵が近づきにくい環境、豊富な食物が繁殖を可能にしたとみられる。9月6日にも、湖周辺で同じ親子とみられるタンチョウが見られ、ひなは飛べるようになっていた。

 これまでウトナイ湖周辺で確認されたのは、1羽や2羽でいる成鳥。同会によると、1881(明治14)年の記録に「美々でタンチョウが生息し、繁殖している」との記述があることから、ひなの確認は約130年ぶりとみられる。

 中村レンジャーは「タンチョウが繁殖できる湿地の保全を進めたい」と話すとともに、カメラマンや観察者には「安心して子育てできるよう湿原に分け入るのはやめてほしい。温かく見守って」と呼び掛けている。

関連記事

室蘭民報

水質調査「問題なし」 有珠海水浴場【伊達】

 道は23日、2021年度(令和3年度)の道内海水浴場開設状況と水質調査結果を発表した。胆振管内は、伊達市の有珠海水浴場のみ開設され、水質は問題なしと判定された。  開設予定期間は7月22日~8...

室蘭民報

ロゼワイン720本完売 農産物直売所「サムズ」で販売、リピーターも【壮瞥】

 壮瞥町にある道の駅そうべつ情報館i内の農産物直売所サムズで販売していた町内産キャンベルを原料にしたロゼワインが完売した。渡部和宏店長は「購入者にはリピーターもいて、好評でした。来年も販売したい...

室蘭民報

縄文ロマン、熱い視線 歴史文化ミュージアム・企画展「有珠モシリ遺跡」開幕..

 伊達市のだて歴史文化ミュージアムの企画展「有珠モシリ遺跡」が開幕した。初日の22日は105人が訪れ、縄文時代の伊達の様子に思いを巡らせていた。  市所蔵の重要文化財であるイモガイ製貝輪やクマ...

室蘭民報

働く意義を考える 新入社員ら合同研修【室蘭】

 室蘭市内のものづくり企業に今春就職した新入社員や、入社5年未満の社員を対象にした合同研修が22日、東町の室蘭テクノセンターであった。10事業所の男女23人が参加し、職場になじみ、思い描く仕事が...

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...