北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「小さい牧場からGⅠ」【日高】

【日高】中央競馬の第25回秋華賞(GⅠ、芝2000㍍)は18日、3歳牝18頭が出走して京都競馬場で行われ、日高町豊郷・長谷川牧場生産のデアリングタクトが1番人気に応えて優勝。今年4月の桜花賞、5月のオークスに続き、史上初の無敗の牝馬GⅠ3冠を達成し牧場は大きな喜びに包まれた。

 デアリングタクトは、0歳時の馬市では引き取り手がつかず、2018年の北海道市場セレクトセールで1296万円で落札され目立たない馬だった。

 レースでは中盤から徐々にペースを上げ、最終コーナーで一気に先頭に抜け出し、2着の10番人気・マジックキャッスル(大野拓弥騎手、千歳市・社台ファーム生産)に1馬身半の差をつけ2分00秒6のタイムでゴール板を駆け抜けた。

 同馬はデビューから5連勝で、一昨年のアーモンドアイに次ぐ6頭目の牝馬3冠を達成。無敗での3歳牝馬3冠達成は史上初めての快挙。

 長谷川牧場は1948年(昭和23年)創業。社長は長谷川文雄さん(69)。この日は妻の律子さん(69)らとテレビ中継でレースを応援。長谷川社長は「4コーナーを曲がったところでこちらも興奮したが、よく勝ってくれました。“よく頑張ったな”と言ってあげたい。私たちのような小さい牧場がGⅠを取るのは大変なこと。これからも応援してもらいたい」と興奮冷めやらぬ様子でコメント。

 さっそく祝福に駆けつけた大鷹千秋日高町長は「地域の生産者に夢を与えてくれた。史上初という素晴らしい偉業に心から拍手を送りたい」とデアリングタクトの快進撃に期待感を募らせている。

デアリングタクトの3冠達成を喜ぶ長谷川牧場の関係者ら

関連記事

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...

日高報知新聞

最優秀にうらかわ肥育センター【新ひだか】

【新ひだか】15日に東京食肉市場で開かれた「第67回『名人会』肉用牛枝肉研究会」で、浦河町姉茶のうらかわ共同肥育センター(中山重雄社長)の出品牛が最優秀賞に選ばれた。同肥育センターの最優秀賞は初めてで...