北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

来月5日に花の消費拡大セミナー 道農政事務所【函館】

ポスターを前に来場を呼び掛ける木村さん

 道農政事務所函館地域拠点は12月5日午後1時半から、函館国際ホテルで道南の花卉(かき)の生産振興と消費拡大を目的としたセミナーを開く。講演や実演を通じ、新型コロナウイルスで苦境を強いられる生産者や花店を応援するため、日常的に花を家庭や職場に飾ることを提案する。

 農林水産省が取り組む「花いっぱいプロジェクト」の一環。渡島総合振興局と桧山振興局など後援。同拠点でも七飯町がカーネーションの作付けが全道一などの現状を踏まえ、花の需要回復が急務と判断、今回初めて一般市民対象のセミナーを企画した。

 全体の司会を函館生花商協同組合理事長の星井英人さんが務める。

 講演は、七飯町花卉生産出荷組合カーネーション部会長の藤田幸成さん、大野農業高校の農業クラブ、浅水フラワーガーデン(函館)のフローリスト、浅水宏文さんが登壇する。花の産地の状況や植物を飾る良さについて話す。

 実演では、かざ車フラワーデザインスクール(函館)を主宰する高崎宏美さんが花飾りの制作を指導する。

 同拠点の木村浩之総括農政推進官は「花が身近にある新たな生活習慣を提案したい。コロナ禍で家の中に閉じこもっているとストレスもたまるので、花の持つ癒しを感じてほしい」と来場を呼び掛ける。

 定員は先着50組(1組は親子2人まで)で、定員に達し次第締め切る。27日午後5時まで申し込みを受け付ける。

 同4時まで。参加無料。インターネットの申し込みフォーム(別表)またはファクス(0138・26・7744)で。問い合わせは同拠点(同26・7800)へ。

関連記事

苫小牧民報

白老仙台藩陣屋跡 ピンク色 サクラ開花

白老町陣屋町の白老仙台藩陣屋跡でサクラが咲き、訪れる人たちが春風景を楽しんでいる。  白老仙台藩陣屋は幕末の北方警備拠点で、その跡地は国の指定史跡として保存されている。サクラの観賞スポットとし...

苫小牧民報

112年の歴史に幕 後継者不在と高齢理由に いとう履物店 10月末で 地域に..

苫小牧市中心街で1909(明治42)年から続く老舗のいとう履物店(大町1)が、10月末で閉店することになった。3代目店主の伊藤謙一さん(81)は「後継者不在と高齢」を理由に挙げ、「3代にわたってや...

苫小牧民報

市プレミアム付き商品券第2弾申請書発送へ  受け付け31日まで 来月22日..

苫小牧市は7日から、新型コロナウイルスに伴う地域経済対策の目玉事業、プレミアム(割り増し)付き商品券の「購入引換券交付申請書」を発送する。購入希望を確認する申請書で、8日から各家庭に到着し始め、今...

十勝毎日新聞

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳【帯広】

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。...

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...