北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

中国で「白老牛」商標登録申請 白老町が異議申し立て

白老牛銘柄推進協議会が活用する商標登録シール

 中国の事業者が同国の当局に、白老町のブランド牛「白老牛」の名称とマークの商標登録を申請したことが分かった。町は、中国への白老牛肉輸出など市場拡大の活動に支障が出かねないとして今年、申請を認めないよう当局に対し異議申し立てをした。白老牛の生産者は、地元が誇るブランド牛の名を奪う行為に憤慨している。

 町によると、申請したのは、中国広東省中山市にある中山市飛湊電子科学技術公司。「白老牛」の名称文字と2種類のマークの商標について、特許権を管理する行政機関・国家知識産権局へ昨年6月に申請した。マークは、白老牛の生産者や加工販売業者などでつくる白老牛銘柄推進協議会が活用する商標登録シールの図柄に酷似している。

 同局は公告を経て、問題がなければ今年2月に出願申請を認める予定だったが、その直前に白老町が情報を把握。1月末、同局に対し異議申し立てをした。

 これを受けて同局は、申し立ての受理について8月に町へ連絡。現在、同公司から出願された申請の取り扱いを審査しているが、町は「結論が出るのは早くて来年2月か3月。もっと遅くなる可能性もある」と言う。仮に同局が町の異議申し立てを認めた場合、町は中国に対して即刻、商標登録を申請し、中国での事業者の出願を将来にわたり阻止する構え。申請を取り消された同公司が逆に同局へ異議申し立てを行った場合、町は「裁判になるだろう」と話す。

中国の事業者が商標申請した白老牛マーク

 中国の事業者による商標申請について町は「認証されれば、日本から白老牛ブランドの牛肉が中国へ輸出できなくなる恐れがある。市場拡大の活動に影響が出かねない」と懸念。いったん登録されると、権利の取り消しは困難になるため、「白老牛ブランドを守るためにも、申請は決して認められない」としている。

 同協議会の岩崎孝真会長は、今回の事態に「黙って見過ごすわけにはいかない」と憤る。特許庁に認証された白老牛の商標登録に関しては現在、牛肉商品などに貼付するシールの図柄のみ。このため、「白老牛ブランドを保護する上で今後、名称の商標登録が欠かせない。地域団体商標として特許庁に申請できる組織をどうするかなど議論を進めたい」と言う。

 中国の事業者が同国内で、「松阪牛」(三重県)など日本のブランド牛の名を勝手に商標登録する事例は少なくない。香川県は今年8月、「讃岐牛」の商標申請を取り消すよう中国側に異議申し立てをした。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...