北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

実勝寺の「一世紀」刊行 開基100年【芽室】

 芽室町内の日蓮宗本樹山実勝寺(東芽室南2線、内山智伸住職)が2020年に開基100年を迎えたことを記念し、「開基百年史 寶土(ほうど)」を刊行した。5年ほどかけて編さんしてきた同寺護持会元事務局長の坂本行記さんは「調べていくと、どんどん歴史の深さをとても感じた」と話している。

「開基百年史 寶土」を手にする(左から)坂本さんと内山住職

 実勝寺は、大正山法華寺(帯広)を開山した内山智耀が、1920年に芽室に法華寺布教所を開いたことが始まり。48年に公称を日蓮宗本樹山実勝寺とした。内山智伸住職は5世。

 これまで一度も文書整理されていなかった中での編さん活動に、坂本さんは「先が見えない中で当てもなく調べ続ける大変さがあった」と振り返る。2015年から作業を始め、檀家(だんか)や護持会に残されている資料などを改めて整理。100年間の寺の歩みや団体参拝の記録、開基100年を記念した座談会などを収録している。

 記念史は今年2月16日に完成。この日は宗祖日蓮聖人生誕800年の日で、お礼の意も込めて奉納した。A4判285ページで、250部を作成。現在約180戸の檀家のほか、関係者にも配布する。

 内山住職は「昔から利他の心を持って信仰を大事にしていたことが今の礎をつくったと思うと、とても感慨深い。檀家の皆さんの思いが脈々とつながっている温かいお寺だと改めて感じた」と話した。

関連記事

苫小牧民報

白老仙台藩陣屋跡 ピンク色 サクラ開花

白老町陣屋町の白老仙台藩陣屋跡でサクラが咲き、訪れる人たちが春風景を楽しんでいる。  白老仙台藩陣屋は幕末の北方警備拠点で、その跡地は国の指定史跡として保存されている。サクラの観賞スポットとし...

苫小牧民報

112年の歴史に幕 後継者不在と高齢理由に いとう履物店 10月末で 地域に..

苫小牧市中心街で1909(明治42)年から続く老舗のいとう履物店(大町1)が、10月末で閉店することになった。3代目店主の伊藤謙一さん(81)は「後継者不在と高齢」を理由に挙げ、「3代にわたってや...

苫小牧民報

市プレミアム付き商品券第2弾申請書発送へ  受け付け31日まで 来月22日..

苫小牧市は7日から、新型コロナウイルスに伴う地域経済対策の目玉事業、プレミアム(割り増し)付き商品券の「購入引換券交付申請書」を発送する。購入希望を確認する申請書で、8日から各家庭に到着し始め、今...

十勝毎日新聞

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳【帯広】

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。...

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...