北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

餅のように伸びる感触・「新食感 もちプリン」販売【名寄】

販売を開始した「もちプリン」と「濃厚プリン」

 名寄市西13南5(豊栄通り沿い)の「カントリーマム」(店主・滝沢美也子さん)では、道産のもち粉を使った「新食感 もちプリン」を開発し、販売を開始。餅のように伸びるのが特徴で、独特の食感を楽しめる。

 同店では、名寄の特産品を活用した商品作りに取り組んでおり、今回はもち米に着目して商品開発した。

 「もちプリン」は、名寄産を含む道産もち米のもち粉を使用しており、他では商品化されていなかったとのことで、滝沢さんは「餅といえば和菓子のイメージがあるが、洋風にした。今までにないような食感で、餅が伸びるような感触を出した」などと特徴を話す。

 もち粉の分量の調整に苦労を重ねており「餅なので伸びるような感触を残したかったし、プリンのような味わいとしたかった。甘くなり過ぎないよう砂糖を控えめにした」と語る。

 味は「ホワイトショコラ」でホワイトチョコレートを使用。今後は抹茶やイチゴなどの味も検討している。

 もち粉の他、牛乳、クリーム、卵、砂糖は道産の製品を使っている。

 パッケージには、名寄が「星のまち」であることにちなんで「おおぐま座」と「こぐま座」をデザイン。同店看板のデザインにもなっている。

 同時にカスタードプリンの「とろ~り濃厚プリン」も販売開始。道産の材料を豊富に生かしている。

 価格は「もちプリン」が350円(税込み)、「濃厚プリン」が330円(同)となっている。

 同店の営業は、4、5月は不定休。フェイスブックとインスタグラムで情報を発信している。

関連記事

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...

十勝毎日新聞

ビーツサイダー フロートに 幸福駅【帯広】

 帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅のカフェ「幸福村」(三浦直美代表)は、地サイダー「帯広ビーツサイダー」を使ったフロートを販売している。  地サイダーを企画する、とかちリージョナルネットワーク(帯...

十勝毎日新聞

余剰豆乳で充填豆腐 中田食品「あったらラッキー!?」【帯広】

 十勝産大豆での豆腐づくりにこだわる中田食品(帯広市、貴戸武利社長)は、製造過程で発生する余剰豆乳を使った新商品の充填(じゅうてん)豆腐「ちょびきぬ」を3日から、音更町のスーパー・ハピオ木野で...

十勝毎日新聞

PB牛で初商品「十勝四季彩牛レトルトカレー」 佐々木畜産【帯広】

 佐々木畜産(帯広市、佐々木章哲社長)は、グループで飼養するブランド牛「十勝四季彩牛」を使ったレトルトカレーを商品化し、本社工場に隣接する直売コーナー(西24南1)を中心に販売している。同牛を使っ...

十勝毎日新聞

地サイダー「新名所に」 駅に自販機 全9種【帯広】

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は26日午前、JR帯広駅改札西側に設置した地サイダー専用の自動販売機1台と新作地サイダーのお披露目会を同駅で開いた。関係者は地サイダーの新たな販路や帯広駅の新...