北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

JR日高線廃止に伴い、日高地域広域公共バス「とまも号」運行開始 記念セレモニーなど実施【新ひだか】

「とまも号」の前で記念撮影する7町長と関係者=静内バスターミナルで=

【新ひだか】2015年1月の高波被害で運行が止まっていたJR日高線(鵡川―様似間116キロ)の廃線に伴い、4月1日から日高管内で新たなダイヤや路線によるバス運行が始まった。同日早朝、ジェイ・アール北海道バスが新設したえりも町―苫小牧市を結ぶ特急「とまも号」の運行開始と記念セレモニーが旧静内駅前の静内バスターミナルで開催され、管内7町長や関係者が日高地域広域公共バスの新運行をアピールした。

 新設便の「とまも号」は、広域の通院や買い物などの利便性向上を図る往復1便(午前5時半えりも発―苫小牧駅午前9時20分着。午後2時苫小牧駅発―えりも午後5時50分着)。予約制(予約・問い合わせは、様似営業所☎0146・36・3432)になっている。

 この日午前5時半発の「とまも号」には、えりもから大西正紀町長、様似町で坂下一幸町長、浦河町で池田拓町長、新ひだか町で大野克之町長が、乗客に記念品を贈呈。静内での合計乗客者数は10人だった。

 午前7時18分に新ひだか町静内に到着後、日高町村会長の坂下町長はセレモニーで、「鉄道が運休して以来、多くの人に大変なご不便をおかけした。鉄道運行の再開を望んでいた強い願いがかなわず、約6年間運休のまま廃止を迎えることは断腸の思いです。今まで鉄道を利用した方々の思いや地域住民の生活を支えてきた鉄道だけにさまざまな思いが交錯します。これがゴールではなく、これからの日高地域の広域公共交通が、より良く、便利なものになるための新しいスタートだと信じている。住民の方々には、このバスが長く持続していけるように、何度も何度もご利用いただくようお願いしたい」とあいさつ。

 来賓で路線を認可した北海道運輸局の鈴木康治室蘭運輸支局長は、「路線の変更や延長、バス停の増設や見直し、新設便の投入などを行い、以前より利便性が向上しており、換気性能も優れており安心して乗車いただきたい。これから広域での地域公共交通計画の策定やさらなる利便性の向上と持続可能な交通体系を目指していただきたい」とお祝いの言葉を述べた。

 道南バスの長谷川義郎社長やジェイ・アール北海道バスの小玉宏文社長、JR北海道の綿貫泰之副社長、日高振興局の北村英則局長ら出席者全員がバス前で記念撮影し、ジェイ・アールバス様似営業所の和田則幸所長の合図で出発した。

 このあとのバスの新たな乗客には、新冠町の鳴海修司町長、日高町の大鷹千秋町長、平取町の遠藤桂一町長からも記念品が贈られた。

関連記事

苫小牧民報

白老仙台藩陣屋跡 ピンク色 サクラ開花

白老町陣屋町の白老仙台藩陣屋跡でサクラが咲き、訪れる人たちが春風景を楽しんでいる。  白老仙台藩陣屋は幕末の北方警備拠点で、その跡地は国の指定史跡として保存されている。サクラの観賞スポットとし...

苫小牧民報

112年の歴史に幕 後継者不在と高齢理由に いとう履物店 10月末で 地域に..

苫小牧市中心街で1909(明治42)年から続く老舗のいとう履物店(大町1)が、10月末で閉店することになった。3代目店主の伊藤謙一さん(81)は「後継者不在と高齢」を理由に挙げ、「3代にわたってや...

苫小牧民報

市プレミアム付き商品券第2弾申請書発送へ  受け付け31日まで 来月22日..

苫小牧市は7日から、新型コロナウイルスに伴う地域経済対策の目玉事業、プレミアム(割り増し)付き商品券の「購入引換券交付申請書」を発送する。購入希望を確認する申請書で、8日から各家庭に到着し始め、今...

十勝毎日新聞

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳【帯広】

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。...

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...