北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「道外、海外にも」 ニンジンジュース披露 道フードネット設立【帯広】

14日から販売する「愛(めぐみ)NINJIN」をPRする木戸氏(右)と松本氏(右から2人目)

 十勝などの道内の事業者・生産者などで立ち上げた「北海道フードネットワークプロジェクト」は8日、帯広市内で記者会見を開き、第1弾のニンジンジュース「愛(めぐみ)NINJIN」を披露した。JAおとふけのニンジンを使い、スープのようなクリーミーな飲み口とした。

 帯広物産協会が中心になって進めてきた十勝産品の加工品の企画・開発を推進しようと立ち上げた。道内の事業者やJAなど約20団体が参画する。

 ジュースはJAおとふけが収穫後、即日選果している新鮮なニンジンを使用。同JAでは2005年ごろからニンジンの本格生産を始めている。瓶はワインボトルと同様のものを使用、外装面で高品質をアピールした。

 十勝では音更町内のハピオや道の駅おとふけなど5カ所程度で14日から販売。14~20日には、大丸札幌店にも並べる。1本300ミリリットル、972円。今後、幕別産ジャガイモを使った第2弾の加工品も販売する予定だ。

 帯広物産協会の木戸善範事務局長は「十勝と道内他地域とのコラボレーションで開発した商品を道外や海外に輸出したい」と強調。プロジェクトリーダーで、ふたみ青果(釧路市)の松本政人専務は「ディスカウント時代の中、少しでも高く売れるものを作らなければならない。(参画事業者が)手に手を取って協力し販売する」と語った。

「愛(めぐみ)NINJIN」

関連記事

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...

十勝毎日新聞

ビーツサイダー フロートに 幸福駅【帯広】

 帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅のカフェ「幸福村」(三浦直美代表)は、地サイダー「帯広ビーツサイダー」を使ったフロートを販売している。  地サイダーを企画する、とかちリージョナルネットワーク(帯...

十勝毎日新聞

余剰豆乳で充填豆腐 中田食品「あったらラッキー!?」【帯広】

 十勝産大豆での豆腐づくりにこだわる中田食品(帯広市、貴戸武利社長)は、製造過程で発生する余剰豆乳を使った新商品の充填(じゅうてん)豆腐「ちょびきぬ」を3日から、音更町のスーパー・ハピオ木野で...

十勝毎日新聞

PB牛で初商品「十勝四季彩牛レトルトカレー」 佐々木畜産【帯広】

 佐々木畜産(帯広市、佐々木章哲社長)は、グループで飼養するブランド牛「十勝四季彩牛」を使ったレトルトカレーを商品化し、本社工場に隣接する直売コーナー(西24南1)を中心に販売している。同牛を使っ...

十勝毎日新聞

地サイダー「新名所に」 駅に自販機 全9種【帯広】

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は26日午前、JR帯広駅改札西側に設置した地サイダー専用の自動販売機1台と新作地サイダーのお披露目会を同駅で開いた。関係者は地サイダーの新たな販路や帯広駅の新...