北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

鵡川高校野球部前監督・鬼海将一さん 新天地で教育者の道へ

鵡川高校野球部前監督の鬼海将一さん(36)がこのほど、母校で7年にわたる競技指導を終えた。4月から三重県内の特別支援学校に講師として着任。高校時代の恩師佐藤茂富氏(享年79)の死をきっかけに抱いた「教員になりたい」夢をかなえるため、新たなスタートを切った。「鵡川は自分にとってのふるさと。たくさんの方々に支えられた」と尽きない感謝を口にした。

母校で7年にわたる指導者生活を経て新天地に向かった鬼海さん

 砂川北、鵡川両高野球部を春夏合わせ6度甲子園に導いた名将佐藤氏が2019年8月に死去。同11月のお別れの会(札幌)で弔辞を依頼され、高校時代に恩師と交わした人生ノートや、共に歩んだ日々を振り返り「自分がこの立場になろうと思ったのは、教壇に立ちながら野球指導をする茂富先生に憧れたからだ」と再認識した。

 歴代の教え子や道内外の野球関係者ら1000人以上が詰め掛けた会で教員の道を目指すことを宣言。昨年に特別支援学校教諭二種免許を取得し、妻のふるさと三重で心機一転を図ることにした。

 新冠町出身で鵡川高時代はエース右腕として活躍。02年春には21世紀枠でセンバツ甲子園の舞台にも立った。筑波大に進み中学、高校の保健体育の教員免許を取得。卒業後は道内外の高校で野球部コーチを務め、14年から鵡川町職員となって母校のコーチ、17年夏から監督に就任した。

 決して平たんな道ではなかった。監督就任直後に部内の不祥事が発覚し、同年秋の大会出場を辞退。18年9月には北海道胆振東部地震で被災した。昨年度は新型コロナウイルスによって夏の甲子園など各種公式戦が中止となった。

 度重なる苦境の中で選手たちはたくましく成長してくれた。「チームという組織にいる責任と自覚を持ってほしい」との思いから、一定のルールを設けながら試合中は選手間でプレーを選択させる手法を取り入れた。「自分たちで決めたことの成功や失敗の方が成長につながる」。単なる競技指導ではなく、教育者としての視点がそこにはあった。

 18年の被災後に「僕たちにもできることはありませんか」と選手たちがボランティア活動を買って出たこと。コロナ禍で目標を失いながら、懸命に前を向いて20年夏の代替支部大会を勝ち上がり南大会まで進んだ底力。鵡川伝統の全力疾走は、言わずとも全員が自然に取り組んだ。「彼らが持つ人の心を動かすパワーは本当にすごかった」と鬼海さんは目を細める。

 大好きな野球とはしばしお別れする。特別支援学校で日々生徒と向き合いながら、教員採用試験合格を目指していく。晴れて教員になった暁には「縁あれば野球指導もやってみたい」と言う。鵡川野球部には高校時代の部長だったもう一人の恩師、小池啓之氏(69)が監督に就いた。「指導者が代わってもやるべきことは同じ。心から応援されるチームになってほしい」とエールを送った。

関連記事

苫小牧民報

白老仙台藩陣屋跡 ピンク色 サクラ開花

白老町陣屋町の白老仙台藩陣屋跡でサクラが咲き、訪れる人たちが春風景を楽しんでいる。  白老仙台藩陣屋は幕末の北方警備拠点で、その跡地は国の指定史跡として保存されている。サクラの観賞スポットとし...

苫小牧民報

112年の歴史に幕 後継者不在と高齢理由に いとう履物店 10月末で 地域に..

苫小牧市中心街で1909(明治42)年から続く老舗のいとう履物店(大町1)が、10月末で閉店することになった。3代目店主の伊藤謙一さん(81)は「後継者不在と高齢」を理由に挙げ、「3代にわたってや...

苫小牧民報

市プレミアム付き商品券第2弾申請書発送へ  受け付け31日まで 来月22日..

苫小牧市は7日から、新型コロナウイルスに伴う地域経済対策の目玉事業、プレミアム(割り増し)付き商品券の「購入引換券交付申請書」を発送する。購入希望を確認する申請書で、8日から各家庭に到着し始め、今...

十勝毎日新聞

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳【帯広】

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。...

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...