北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

村内初の障害児施設開設【鶴居】

 

12日にオープンした障害児通所施設「ソレゾレCOLORS」と施設管理者の角田さん

釧路管内で唯一障害児施設のなかった鶴居村に12日、障害児を放課後や休日に預かる放課後等デイサービスと日中一時支援を合わせ持つ通所施設「ソレゾレCOLORS(カラーズ)」が幌呂原野南5に開設された。施設管理責任者の角田めぐみさんは「たくさんの人の協力があって開設できた。地域の人たちが触れ合える施設としたい」と抱負を語っている。

同施設は、障害児の保護者らが昨秋に設立したNPO法人「ソレゾレ」が運営。開設には村も全面協力し、道と合わせて建設費1930万円のうち1230万円を助成し、10日に行った竣(しゅん)工(こう)式には、大石正行村長や村上明寛教育長らも参列した。2月から始めたクラウドファンディング(CF)でも、12日時点で159人から目標の200万円を超える支援が集まっているほか、道教大釧路校の学生らが外壁の塗装をしたり、地域の人が準備を手伝ったり、多くのボランティアが協力した。

 施設の広さは平屋建て1階延べ床面積約91平方㍍で、多目的ホールのほかシャワールームやキッチンルームも設置。利用には事前登録が必要で、障害もしくは発達が気になり市町村自治体が交付している「受給者証」を持つ子が対象。平日午後1時~同5時30分、土曜日と学校休業日の午前10時~午後4時を「放課後等デイサービス」として小学生から18歳まで、それ以外の時間を「日中一時支援」として年齢制限なしで受け入れる。

施設には、教員免許や保育士などの資格を持つ職員2人と送迎ドライバーが常駐。最大9人乗りのワゴン車を使い、30㌔圏内までの送迎も行う。平日は学校の宿題や簡単なレクリエーションなどを行い、夏休みや冬休みの学校休業日には、牧場見学や乗馬体験など予定する。すでに12人が登録し、初日は7人の利用があった。  角田さんは「これまでいただいた支援を、少しずつ返していくべく頑張っていきたい。分からないことがあれば気軽に連絡してほしい」と話している。問い合わせは0154(65)8505へ。

関連記事

苫小牧民報

白老仙台藩陣屋跡 ピンク色 サクラ開花

白老町陣屋町の白老仙台藩陣屋跡でサクラが咲き、訪れる人たちが春風景を楽しんでいる。  白老仙台藩陣屋は幕末の北方警備拠点で、その跡地は国の指定史跡として保存されている。サクラの観賞スポットとし...

苫小牧民報

112年の歴史に幕 後継者不在と高齢理由に いとう履物店 10月末で 地域に..

苫小牧市中心街で1909(明治42)年から続く老舗のいとう履物店(大町1)が、10月末で閉店することになった。3代目店主の伊藤謙一さん(81)は「後継者不在と高齢」を理由に挙げ、「3代にわたってや...

苫小牧民報

市プレミアム付き商品券第2弾申請書発送へ  受け付け31日まで 来月22日..

苫小牧市は7日から、新型コロナウイルスに伴う地域経済対策の目玉事業、プレミアム(割り増し)付き商品券の「購入引換券交付申請書」を発送する。購入希望を確認する申請書で、8日から各家庭に到着し始め、今...

十勝毎日新聞

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳【帯広】

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。...

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...