北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

福原「塩ザンギ」金賞 管内スーパーで初 からあげGP【帯広】

金賞に入ったデカ旨塩ザンギを手に、喜ぶ高橋バイヤー

 スーパー・福原(帯広市)の総菜「デカ旨!塩ザンギ」が、第12回からあげグランプリ・北日本スーパー惣菜部門で金賞に輝いた。十勝のスーパーでは初めて。同社は「ヘルシーだが、ぱさつきがちな『鶏ムネ肉』をジューシーで軟らかに仕上げた自慢の逸品」と喜んでいる。

 日本唐揚協会(東京)主催。福原が出品した「スーパー惣菜部門」は4地域別に分けられ、計132社がエントリー、35社が金賞だった。さらに地域別で最高金賞が選ばれるが、福原は逃した。14日に都内で発表などが行われた。

 「デカ旨-」は、くしろザンギ本舗(釧路市)との共同開発。休止していた塩ザンギを復活させようと、2年前からレシピ開発を進め、昨年から全店で販売している。

 国産中心に胸肉を使用。1個当たり通常の2倍以上の大きさだが、「調味料を打ち込む」特殊な製法で、中まで味が染み込むよう工夫した。

 福原の高橋昇一デリカ課バイヤーは「パサパサしがちな胸肉でも肉汁があふれ、軟らかい。食べ応えがあり、温め直すとさらにジューシーになる」とPRする。100グラム当たり税込み193円。

 同社は前回、同グランプリにしょうゆベースの「漬け込みザンギ」を初出品したが、入賞を逃した。高橋バイヤーは「プレッシャーはあるが、今後もおいしい総菜を開発していきたい」と話した。

 同グランプリはスーパー惣菜以外では唐揚店対象に10部門あり、全国921店がエントリーし、道内では塩ダレ部門で「いただきコッコちゃん」(札幌市)などが金賞に入った。

関連記事

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...

十勝毎日新聞

ビーツサイダー フロートに 幸福駅【帯広】

 帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅のカフェ「幸福村」(三浦直美代表)は、地サイダー「帯広ビーツサイダー」を使ったフロートを販売している。  地サイダーを企画する、とかちリージョナルネットワーク(帯...

十勝毎日新聞

余剰豆乳で充填豆腐 中田食品「あったらラッキー!?」【帯広】

 十勝産大豆での豆腐づくりにこだわる中田食品(帯広市、貴戸武利社長)は、製造過程で発生する余剰豆乳を使った新商品の充填(じゅうてん)豆腐「ちょびきぬ」を3日から、音更町のスーパー・ハピオ木野で...

十勝毎日新聞

PB牛で初商品「十勝四季彩牛レトルトカレー」 佐々木畜産【帯広】

 佐々木畜産(帯広市、佐々木章哲社長)は、グループで飼養するブランド牛「十勝四季彩牛」を使ったレトルトカレーを商品化し、本社工場に隣接する直売コーナー(西24南1)を中心に販売している。同牛を使っ...

十勝毎日新聞

地サイダー「新名所に」 駅に自販機 全9種【帯広】

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は26日午前、JR帯広駅改札西側に設置した地サイダー専用の自動販売機1台と新作地サイダーのお披露目会を同駅で開いた。関係者は地サイダーの新たな販路や帯広駅の新...