北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であることを表明することで、誰もが安心して来庁できるような環境づくりを推進したい考えだ。

「アライ職員」の宣誓書とバッジ

 円形で、性的少数者の尊厳と社会運動のシンボルである旗「レインボーフラッグ」にちなみ、6色に着色された背景の上に「ALLY」の文字と市の公式キャラクターとまチョップを描いたバッジ。性の多様性を理解、尊重し、性的少数者を支援する意志がある職員が、「アライ職員」となることを記した宣誓書を同室に提出することで交付される。

 同室は3月12日、市職員のみが閲覧できるインターネット上の掲示板で、取り組みをPR。「一人ひとりと向き合い、寄り添う気持ちがあればだれでもアライになれる」というメッセージを添えてアピールしたところ、賛同する職員が次々に現れ、これまでに45人にバッジを配布した。

 同室は昨年12月、職員が性の多様性を正しく理解した上で業務に当たるための指針であるサポートガイドラインを作成、今年1月に運用を始めた経緯がある。バッジの配布はこの関連事業だ。

 バッジのデザインなどを手掛けた同室の吉井ひかるさんは「市民の安心感はもとより、市が手掛けるさまざまな事業において、性の多様性を意識してもらう上でもアライ職員の存在はとても大切」と話している。

関連記事

苫小牧民報

白老仙台藩陣屋跡 ピンク色 サクラ開花

白老町陣屋町の白老仙台藩陣屋跡でサクラが咲き、訪れる人たちが春風景を楽しんでいる。  白老仙台藩陣屋は幕末の北方警備拠点で、その跡地は国の指定史跡として保存されている。サクラの観賞スポットとし...

苫小牧民報

112年の歴史に幕 後継者不在と高齢理由に いとう履物店 10月末で 地域に..

苫小牧市中心街で1909(明治42)年から続く老舗のいとう履物店(大町1)が、10月末で閉店することになった。3代目店主の伊藤謙一さん(81)は「後継者不在と高齢」を理由に挙げ、「3代にわたってや...

苫小牧民報

市プレミアム付き商品券第2弾申請書発送へ  受け付け31日まで 来月22日..

苫小牧市は7日から、新型コロナウイルスに伴う地域経済対策の目玉事業、プレミアム(割り増し)付き商品券の「購入引換券交付申請書」を発送する。購入希望を確認する申請書で、8日から各家庭に到着し始め、今...

十勝毎日新聞

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳【帯広】

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。...

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...