北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

PB牛で初商品「十勝四季彩牛レトルトカレー」 佐々木畜産【帯広】

 佐々木畜産(帯広市、佐々木章哲社長)は、グループで飼養するブランド牛「十勝四季彩牛」を使ったレトルトカレーを商品化し、本社工場に隣接する直売コーナー(西24南1)を中心に販売している。同牛を使った初のプライベートブランド(PB)品で、佐々木社長は「重量の半分が肉。十勝四季彩牛の販促にもつながれば」としている。

新商品の十勝四季彩牛ビーフカレーをPRする佐々木社長

 十勝四季彩牛は同社が商標登録する黒毛和牛とホルスタインの交雑種。グループの帯広有機(帯広市)が大豆を使った指定調合飼料で飼養し、「赤身に甘みがあり、肉質も軟らかい」(佐々木社長)のが特徴。管内ではほぼ直販コーナーでの販売。主な流通先は関西では高島屋、関東圏の一部スーパーなどに限られる。

 佐々木社長は昨年社長に就任後、商品化を計画。1パック(250グラム)中、じっくり煮込んだ肩肉などが130グラム前後入っており、680円。ベル食品に製造を委託、1月から本格販売を開始した。

 佐々木社長は「フェイスブックなどでしか情報発信していないが、来店者を中心に好調な売れ行き」と驚く。

 販売先である直売コーナーは長年土曜に開設。ただ、コロナの影響で従業員感染予防の観点から昨年は2カ月半休業を余儀なくされ、同6月から日曜に変更して営業を再開、社長自ら混雑防止で来店者対応に当たる。工場直送の希少部位やホルモンの鮮度などが売り。

 今月2、3日は特別営業(午前10時~午後5時)。電話0155・37・5111。

関連記事

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...

十勝毎日新聞

ビーツサイダー フロートに 幸福駅【帯広】

 帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅のカフェ「幸福村」(三浦直美代表)は、地サイダー「帯広ビーツサイダー」を使ったフロートを販売している。  地サイダーを企画する、とかちリージョナルネットワーク(帯...

十勝毎日新聞

余剰豆乳で充填豆腐 中田食品「あったらラッキー!?」【帯広】

 十勝産大豆での豆腐づくりにこだわる中田食品(帯広市、貴戸武利社長)は、製造過程で発生する余剰豆乳を使った新商品の充填(じゅうてん)豆腐「ちょびきぬ」を3日から、音更町のスーパー・ハピオ木野で...

十勝毎日新聞

地サイダー「新名所に」 駅に自販機 全9種【帯広】

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は26日午前、JR帯広駅改札西側に設置した地サイダー専用の自動販売機1台と新作地サイダーのお披露目会を同駅で開いた。関係者は地サイダーの新たな販路や帯広駅の新...

名寄新聞

モンドセレクション「金賞」受賞・「笑美銭米(えみせんべい)」【名寄】

 株式会社松前(市内西4南6、松前衛代表取締役社長)が製造販売している名寄産もち米玄米を使用した「笑美銭米(えみせんべい)」が、国際品質機関の一つであるモンドセレクションの2021年優秀品質「...