北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

センターハウス内にフリースペース 近くワーケーションも可能に 穂別キャンプ場

むかわ町の穂別キャンプ場(穂別稲里)は今年度から、センターハウス内の敷地を活用したフリースペースを設けた。当面は休憩所として利用し、夏にはWi―Fi環境を整えてワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた「ワーケーション」や写真などの作品展示会場として幅広く活用してもらいたい考え。公営のキャンプ場の中でも珍しい取り組みで、注目されそうだ。

ハウス内を整備し、くつろぎの空間を演出したフリースペース

 フリースペースには、かつてレストランとして使っていた一角を活用。広々とした室内をそのまま生かし、国内メーカーのテントを張ったほか、テーブルやベンチを設け、利用者がコーヒーなどを飲みながらゆったりとくつろげる雰囲気を演出した。

 近くWi―Fiの環境も整える予定。新型コロナウイルス感染拡大によって都市部で働き方の見直しが進んでいる傾向を踏まえ、ワーケーションスペースとしての活用を想定した。働きながらキャンプも楽しめる空間を創出する。写真家やクリエイターの作品展示や発表、トークショーの場としても提供し、「キャンプ場の利用者とのつながりを作りたい」との構想も。

 町地域おこし協力隊の両角創平さん(36)は「平日に仕事もできる場として機能させ、稼働率を上げたい。またシーズンに4、5回来る人たちが、来るたびに違った展示を楽しむことができれば面白いのでは。むかわ町を知ってもらえるスペースにしていきたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

白老仙台藩陣屋跡 ピンク色 サクラ開花

白老町陣屋町の白老仙台藩陣屋跡でサクラが咲き、訪れる人たちが春風景を楽しんでいる。  白老仙台藩陣屋は幕末の北方警備拠点で、その跡地は国の指定史跡として保存されている。サクラの観賞スポットとし...

苫小牧民報

112年の歴史に幕 後継者不在と高齢理由に いとう履物店 10月末で 地域に..

苫小牧市中心街で1909(明治42)年から続く老舗のいとう履物店(大町1)が、10月末で閉店することになった。3代目店主の伊藤謙一さん(81)は「後継者不在と高齢」を理由に挙げ、「3代にわたってや...

苫小牧民報

市プレミアム付き商品券第2弾申請書発送へ  受け付け31日まで 来月22日..

苫小牧市は7日から、新型コロナウイルスに伴う地域経済対策の目玉事業、プレミアム(割り増し)付き商品券の「購入引換券交付申請書」を発送する。購入希望を確認する申請書で、8日から各家庭に到着し始め、今...

十勝毎日新聞

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳【帯広】

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。...

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...