北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

市内中学の修学旅行 今年は東北中心 密避け移動、消毒徹底で

苫小牧市内の中学校の修学旅行は今月、ピークを迎える。行き先は啓北中山なみ分校を除き、青森県や岩手県など東北となっている。昨年度は新型コロナウイルス流行の影響で、市教育委員会が行き先を道内に限定するよう各校に求めたため2年ぶりの道外旅行。生徒たちは感染対策に気を配りながら、期待に胸を膨らませている。

自主研修について話し合う生徒たち=4月28日、苫小牧和光中

 市教委は今年度の修学旅行の行き先について、道内や東北から選定するよう要請。緊急事態宣言の対象エリアやコロナの感染が拡大している地域は旅行、宿泊先にしないよう通知している。市内の中学校16校のうち、10校が5月中に実施。啓北中山なみ分校は9月に旭川、上川管内美瑛町、富良野市を訪れる予定だ。

 和光中学校(大村浩喜校長)は、5月19~21日に岩手県を訪問。世界遺産の中尊寺や日本三大鍾乳洞に数えられる「龍泉洞」など観光名所のほか、東日本大震災で津波被害に遭った災害遺構のホテルも見学する。

 昨年は恒例の職場体験学習を実施できておらず、自主研修を行程に組み込んだのも今回の特徴。生徒自らで食事をしたい飲食店に予約の電話を入れるなどし、敬語の使い方や社会性を身に付ける機会にしてもらいたい考えだ。コロナ対策として、現地で公共交通機関は使用せず、移動は徒歩で行動できる範囲とする。

 「岩手は国語や歴史などの授業で取り上げる場所で、実際に見て学んでもらいたい」と学年主任の渡部光一教諭(42)。三浦仁惺さん(14)は「道内は家族でいろいろな場所に足を運んでおり、修学旅行は道外がいいと思っていた。(滞在中は)アルコール消毒など、感染対策を徹底したい」と万全を期す。

 沼山恋音奈さん(14)は「新幹線に乗るのは初めてだから楽しみ。キラキラした中尊寺の写真を撮りたい」と目を輝かせる。

 沼ノ端中(能登敬久校長)は10~12日に青森、岩手両県を回る。数人のグループで農家を訪ねるファームステイでは、北海道と東北の文化の違いやそれぞれの郷土の魅力を学ぶ。

 感染防止対策として、全小中学生に1人1個配布されている消毒用ハンドジェルや体温計の持参を呼び掛ける。旅行中は1日2回程度、保護者に生徒の健康状態や旅行の進捗(しんちょく)状況などを連絡。生徒の体調変化に備え、現地の病院に修学旅行の日程も伝えているという。

 能登校長は「不測の事態に遭遇しても、理解し合えるような雰囲気、関係性づくりを大切にしたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

白老仙台藩陣屋跡 ピンク色 サクラ開花

白老町陣屋町の白老仙台藩陣屋跡でサクラが咲き、訪れる人たちが春風景を楽しんでいる。  白老仙台藩陣屋は幕末の北方警備拠点で、その跡地は国の指定史跡として保存されている。サクラの観賞スポットとし...

苫小牧民報

112年の歴史に幕 後継者不在と高齢理由に いとう履物店 10月末で 地域に..

苫小牧市中心街で1909(明治42)年から続く老舗のいとう履物店(大町1)が、10月末で閉店することになった。3代目店主の伊藤謙一さん(81)は「後継者不在と高齢」を理由に挙げ、「3代にわたってや...

苫小牧民報

市プレミアム付き商品券第2弾申請書発送へ  受け付け31日まで 来月22日..

苫小牧市は7日から、新型コロナウイルスに伴う地域経済対策の目玉事業、プレミアム(割り増し)付き商品券の「購入引換券交付申請書」を発送する。購入希望を確認する申請書で、8日から各家庭に到着し始め、今...

十勝毎日新聞

紫竹昭葉さん死去 紫竹ガーデン社長 94歳【帯広】

 「紫竹ガーデン 遊華」(帯広市美栄町)の社長で、「紫竹のおばあちゃん」として慕われた紫竹昭葉(しちく・あきよ、本名=昭代)さんが4日午前10時19分、帯広市内の自宅で死去した。94歳だった。...

十勝毎日新聞

「あずき茶」紙製容器で JA十勝清水町とばんえいコラボ【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、町産ブランド小豆を100%使った、初のカートカン(紙製円柱容器)の飲料「焙煎(ばいせん)あずき茶」を1日に発売した。ばんえい十勝とコラボしたデザインで、同JA...