北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い、国際基準を満たすバージョン2への更新を図った。胆振・日高管内で初の取得で、伊藤組合長は「長年の取り組みに間違いがなかったことが世界的に認められた」と喜んでいる。

MEL認証取得を喜ぶ伊藤組合長(中央)ら苫小牧漁協幹部

 MELは一般社団法人マリン・エコラベル・ジャパン協議会の取り組み。水産資源の持続的利用、環境や生態系の保全に配慮している漁業や養殖の生産者、加工や流通の事業者を認証し、取扱品にロゴマークを付けて流通させている。苫小牧漁協は2018年8月、国内認証のMELバージョン1を取得したが、19年12月にMELが国際認証となり、今年1月末でバージョン1は終了した。

 苫小牧漁協は終了に備えて昨年4月から、新認証の申請手続きを進めてきた。徹底した資源管理で水揚げ日本一を続け、「苫小牧産ほっき貝」を地域ブランドに登録するなど貴重な地域資源のホッキを、新認証でさらに付加価値を高める狙いがある。19年度からタイ・バンコクに定期輸出しており、世界的ニーズに応える必要もあった。

 バージョン2の「流通加工」で22項目、「生産(漁協)」で44項目の厳しい審査を受け、両認証規格に「適合」すると決まった。特に「生産」は全国8例目、道内では北海道漁業協同組合連合会の秋サケ定置網漁に続いて2例目。9センチ以上に成長した貝に限定して漁獲し、前浜内で計画的に移植放流するなど、持続可能な漁業の成果が評価された。

 同漁協は夏ごろまでをめどにMELロゴマークのシールを作り、出荷するホッキに貼って流通させる考えで、「苫小牧産ホッキの価値をさらに高めていきたい」としている。伊藤組合長は「歴史ある管理型漁業が評価された」と強調し、「新型コロナウイルス感染拡大でホッキも価格が下がり大変だが、いろいろなことにチャレンジしていかないと」と意欲を新たにしていた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...