北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町民愛したおやき継ぐ カントリーパパ【鹿追】

 レストラン「カントリーパパ」(鹿追町鹿追北5線、山岸宏代表)が、町民らに長年親しまれてきた「おやき」(大判焼き)の味を引き継いだ、町内産の素材にこだわったおやきの販売を4月に始めたところ、コロナ禍にあっても客の評判を呼んでいる。

おやきの提供を始めた山岸さん(左)

 長年にわたり、町内スーパーの店頭などでおやきを販売していた店の店主が引退。道具一式が眠っていることを知った山岸さん(61)が「そのままにしておくのはもったいない」と、調理スペースとなる小屋と共に譲り受けた。

 山岸さんは伝授されたレシピを基にしながらも、卵は隣接する北養鶏場の新鮮な卵に変更。小豆も町内産にこだわる。ふわふわで冷めても固くならない生地と、小豆の香りが濃い粒あんが特長。山岸さんのイラストや自動車などをかたどった焼き印は、鹿追高校生がデザインした。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)や口コミで評判が広がり、1日100個がほぼ売り切れるという。

 町観光協会の会長を務める山岸さんは、コロナ禍による町内観光・飲食業への影響を痛感している一人。「こんなときだからこそ、少しでも話題になることに挑戦しないと。手軽に屋外でも食べられるおやきがその一助になれば」と話す。

 粒あんの他にチーズ、カスタード、チョコクリーム。1個140円。販売は金・土・日曜で、午前11時ごろ開始、売り切れ次第終了。まとまった数量の予約は応相談。問い合わせは同店(0156・66・2888)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

十勝毎日新聞

希少な八列トウモロコシで新作菓子 まさおか【芽室】

 芽室町の老舗菓子店「お菓子のまさおか」(正岡崇社長)は、町内の川合農場が作る、珍しい八列トウモロコシを使った新商品「フィナンシェ」と「ぷちぷちガレット」の販売を、21日から始める。どちらも150...

十勝毎日新聞

ラワンブキキムチ フクハラで販売 何ン田さん製造【本別】

 本別町内で飲食店を経営する物まねタレントの何ン田研二さんが作る、足寄町特産のラワンブキを使ったキムチ漬けなどが15日から、管内のフクハラ3店舗で販売を始める。道観光大使、十勝観光大使も務める...

十勝毎日新聞

オリジナル「ブタジン」発売 大樹・源ファーム生産豚使用【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)は、ジンギスカン風の味付豚肉「帯広市場のブタジン」を新たに商品化し、市場内や一部スーパーなどで販売を始めた。  同市場では30年以上前に、ラム...

十勝毎日新聞

大トロいわしフィレ 天然魚初の機能性食品に【広尾】

 池下産業(町茂寄、池下藤一郎社長)は、旬の天然マイワシを急速冷凍した商品「大トロいわしフィレ」を、機能性表示食品として販売すると発表した。天然魚が機能性表示食品に認定されるのは、国内では初めて...