北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

松浦武四郎像 白老へ 松阪市民の前川さんから寄贈 仙台藩白老元陣屋資料館に設置

幕末に蝦夷地(北海道)を調査した探検家・松浦武四郎(1818~88年)の像が、生誕地・三重県松阪市の市民から白老町に贈られ、仙台藩白老元陣屋資料館に設置された。アイヌ民族に支えられながら各地を踏査した武四郎は、白老にも足跡を残している。元陣屋資料館は「今は新型コロナ対策で臨時休館中だが、再開した際には多くの人に見てほしい」としている。

仙台藩白老元陣屋資料館に設置された松浦武四郎像

 寄贈したのは、武四郎の功績をPRしている松阪市の市民団体代表の前川幸敏さん(74)。同市の松浦武四郎記念館と白老町の旧アイヌ民族博物館の姉妹博物館締結(2014年)に尽力し、その後も白老と交流を続けている。

 FRP(繊維強化プラスチック)の台座に乗せた像は、ウレタン製で高さ180センチ、重さ約50キロ。刀を腰に差し、方位磁石を手にした姿をかたどり、ブロンズ色に塗装した作品で、5月に白老町に届いた。

 前川さんは、白老町での東京五輪聖火リレーを盛り上げたいと、武四郎像の寄贈を思い付き、自費で制作したという。13日に予定されていたリレーは新型コロナウイルスの感染拡大で中止になったが、町は、寄せられた像を元陣屋資料館に展示することにした。

 北海道の名付け親としても知られる武四郎は、蝦夷地調査の日誌でアイヌ民族の風習や暮らしを詳しく紹介した。白老にも足を運び、幕末に仙台藩が築いた北方警備拠点・白老元陣屋の様子などを「東蝦夷日誌」に記した。

 民族共生を願った武四郎の像は、地元アイヌ民族との関係を重視したとされる白老元陣屋の跡地に収まった。共生社会の大切さを訴える像を展示した資料館の武永真館長は「寄贈に感謝したい」と話している。

関連記事

室蘭民報

水質調査「問題なし」 有珠海水浴場【伊達】

 道は23日、2021年度(令和3年度)の道内海水浴場開設状況と水質調査結果を発表した。胆振管内は、伊達市の有珠海水浴場のみ開設され、水質は問題なしと判定された。  開設予定期間は7月22日~8...

室蘭民報

ロゼワイン720本完売 農産物直売所「サムズ」で販売、リピーターも【壮瞥】

 壮瞥町にある道の駅そうべつ情報館i内の農産物直売所サムズで販売していた町内産キャンベルを原料にしたロゼワインが完売した。渡部和宏店長は「購入者にはリピーターもいて、好評でした。来年も販売したい...

室蘭民報

縄文ロマン、熱い視線 歴史文化ミュージアム・企画展「有珠モシリ遺跡」開幕..

 伊達市のだて歴史文化ミュージアムの企画展「有珠モシリ遺跡」が開幕した。初日の22日は105人が訪れ、縄文時代の伊達の様子に思いを巡らせていた。  市所蔵の重要文化財であるイモガイ製貝輪やクマ...

室蘭民報

働く意義を考える 新入社員ら合同研修【室蘭】

 室蘭市内のものづくり企業に今春就職した新入社員や、入社5年未満の社員を対象にした合同研修が22日、東町の室蘭テクノセンターであった。10事業所の男女23人が参加し、職場になじみ、思い描く仕事が...

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...