北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ランナーや関係者から無念の声【釧路】

お目見えの機会もなくなり``幻、、となった警備従事者用ビブス(ピンク色)と配布予定のチラシ

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言延長に伴い、13日に釧路市内で予定されていた東京オリンピック2020の聖火リレーが中止となった。スタート・ゴール地点で予定されていたミニイベントも取りやめとなったほか、市内中心部に設置されていた案内看板も撤去された。``1年待ち、、で出走を予定していたランナーや準備してきた関係者からは残念がる声が上がっている。    釧路での聖火リレーは13日午後0時30分から同0時44分ごろまで、釧路市役所をスタートし、国道や北大通を経て釧路川ふれあい広場(大川町)にゴールする約1㌔を、計6人のランナーでつなぐ計画だった。走者は、道実行委員会が選考した釧路市の田森忠さんと白糠町の大野志乃さんのほか、組織委員会が選ぶ4人(未公表)が予定されていた。

 聖火リレーは道と組織委が中心となって運営し、市と釧路総合振興局、市スポーツ振興財団の職員が運営の補佐や警備、セレモニーを担当していた。市教委スポーツ課によると、出発地点では釧路明輝高校吹奏楽部が、ゴールでは釧路江南高校蝦夷太鼓部がそれぞれ演奏を行うミニイベントを企画しており、両校の生徒たちが本番に向け練習を重ねていた。

 また、最終ランナーの伴走者として、地元のボーイスカウトとガールスカウトのメンバー20人がサポートランナーとして参加する予定で、こちらも準備が進められていたという。  同課には、警備担当者が当日着用するビブス(ベスト状のウエア)合わせて90着のほか、聖火リレーとコースの交通規制を周知するために配布される予定だったチラシ1000枚が届けられ、本番前後に使用されることとなっていたが、表に出ることなく``お蔵入り、、となった。

 蝦名大也市長は「この状況では(中止は)致し方ない」としつつ、「ランナーはもとより、盛り上げようとしていた方々の気持ちを考えると、道には何かを考えてほしいと伝えた」と語り、今後何らかの検討がなされる見通しであることを示した。  ランナーに予定されていた釧路マラソンクラブ代表の田森さんは「道からまだ正式に中止の連絡はないが、一生に一度のことなので、できることなら聖火を持って5㍍でも10㍍でも走りたい」と無念そうに語った。

 道内の聖火リレーは13、14日の2日間、釧路、根室市をはじめ道内18市町村を200人のランナーが走る予定だった。

関連記事

室蘭民報

水質調査「問題なし」 有珠海水浴場【伊達】

 道は23日、2021年度(令和3年度)の道内海水浴場開設状況と水質調査結果を発表した。胆振管内は、伊達市の有珠海水浴場のみ開設され、水質は問題なしと判定された。  開設予定期間は7月22日~8...

室蘭民報

ロゼワイン720本完売 農産物直売所「サムズ」で販売、リピーターも【壮瞥】

 壮瞥町にある道の駅そうべつ情報館i内の農産物直売所サムズで販売していた町内産キャンベルを原料にしたロゼワインが完売した。渡部和宏店長は「購入者にはリピーターもいて、好評でした。来年も販売したい...

室蘭民報

縄文ロマン、熱い視線 歴史文化ミュージアム・企画展「有珠モシリ遺跡」開幕..

 伊達市のだて歴史文化ミュージアムの企画展「有珠モシリ遺跡」が開幕した。初日の22日は105人が訪れ、縄文時代の伊達の様子に思いを巡らせていた。  市所蔵の重要文化財であるイモガイ製貝輪やクマ...

室蘭民報

働く意義を考える 新入社員ら合同研修【室蘭】

 室蘭市内のものづくり企業に今春就職した新入社員や、入社5年未満の社員を対象にした合同研修が22日、東町の室蘭テクノセンターであった。10事業所の男女23人が参加し、職場になじみ、思い描く仕事が...

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...