北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

コロナで苦境の学生を支援【釧路】

食品を選ぶ学生たち

道教大釧路校(浅利祐一キャンパス長)は、コロナ禍で厳しい生活を送っている同校の学生を支援するため「釧路キャンパス学生応援プロジェクト」を立ち上げた。初の取り組みとして7日、米やカップ麺などの食品を無料で提供し、3000円分の電子マネー支給を始めた。浅利キャンパス長は「支援を通して『われわれは皆さんを応援している』というメッセージを学生に伝えたい」と話している。

 同プロジェクトは同校独自の取り組み。コロナ禍でアルバイト先が休業したり、保護者からの仕送りが減額されたりといった理由で、厳しい生活を余儀なくされている学生を支援しようと5月27日に発足。学生の生活支援などを行う同校学生委員会(委員長・小野川文子教授)が事務局を務める。

 今回は、釧路市内の建設会社の本田組、飲食店の駒形家、同校後援会、同窓会「鶴陵会」、教職員組合、教員有志などから食料品や金銭の寄付を受けた。当初は同キャンパス全学生数の半分に当たる約400人分を準備したが、その後も新たな支援が届いている。11日まで学生に食料を提供するほか、全学生に校内の学生生協購買などで使える電子マネーも1人当たり3000円分を支給する。支援については、全学生に学内システムを使いメールで2回周知した。

 初日の7日は、教室棟1階のへき地・小規模校教育研究センター研修室に米やパスタ、カップ麺、各種缶詰などが並べられ、学生が1人6個ずつを選び持ち帰った。体育専攻の4年生の男子は「すごく助かる。末広の飲食店でアルバイトをしているが休業してしまった。教員採用試験が間近に迫り、勉強の合間にカップ麺などを食べて頑張りたい」と喜んでいた。

 同プロジェクトではこの日、学生にどのような食品や日用品が必要かの調査も実施。6月中旬には生活やアルバイト状況などの実態調査を行った上で、同月下旬から7月上旬に2回目の支援を予定している。小野川教授は「今後は中身を充実させ、地域の応援や協賛を広げながら支援を継続していきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...