北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

ワクチン126回分を破棄【浦河】

 浦河町新型コロナウイルス感染症対策本部は8日、4日の町内全域の停電に伴い、町内各医療機関に配布し冷蔵庫に保管していた新型コロナウイルスワクチン126回分(2回接種で63人分)を破棄したと発表した。町では「当該ワクチンが保存温度の2~8度の間で温度管理が保たれていたのか客観的証明が難しいため廃棄を決めた」と説明。これによる「ワクチン接種の影響はない」としている。

 町のワクチン接種は、町内6医療機関で5月18日(一部24日)から始まり、必要分を毎週2回、町保管の超低温冷凍庫から各医療機関に配布し、冷蔵庫に保管し必要分を使用している。

 冷蔵庫の保管限度は5日間(126時間)で、停電により適正温度外となりワクチンが使用できなくなった可能性があるため、「万が一に備え破棄した」という。

 町の冷凍庫は停電時に対応の非常用発電が稼働。5日分は町が代わりのワクチンを配布した。町では「今回の停電でほかの市町村でワクチンを廃棄したという情報は入っていない」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...