北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

大トロいわしフィレ 天然魚初の機能性食品に【広尾】

機能性表示食品として発売される「大トロいわしフィレ」のパッケージと池下社長

 池下産業(町茂寄、池下藤一郎社長)は、旬の天然マイワシを急速冷凍した商品「大トロいわしフィレ」を、機能性表示食品として販売すると発表した。天然魚が機能性表示食品に認定されるのは、国内では初めて。同商品は業務用が中心だったが、秋からスーパーなど一般向けにも販売する。池下社長は「大トロいわしの付加価値が証明された」と話している。

 大トロいわしはプレミアム冷凍ブランド「REVO FISH(レボ・フィッシュ)」の商品として2017年に販売を開始。切り身のフィレは18年から売り出している。昨年は約200トンを製造した。

 臭みが少なく、抜群の脂の乗りが評判を呼び、関東の和食レストラングループやグルメ系の回転ずし店などが食材として使用。ニューヨークの高級レストランや香港のすし店にも販路を広げている。

 10月ごろに道東沖で水揚げされる脂の乗った100~200グラムの大ぶりのマイワシを使用。漁業者と提携して漁獲時から鮮度を追求、マイナス110度の液体窒素で急速冷凍することで食材のおいしさを維持し、寄生虫のアニサキスによる食中毒も防ぐ。

 同社は機能性表示食品として消費者庁に届け出た理由について、大トロいわしはドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)を多く含み、中性脂肪を減少させる効果があるとしている。

 池下社長は「今後は十勝のスーパーなどにもアプローチしたい。秋に水揚げされる大トロいわしを多くの人に味わってもらえれば」と話す。大トロいわしを使用した料理は、同社が町内で営むカフェ「ベイラウンジコーヒー」(本通9)でも提供している。

関連記事

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

十勝毎日新聞

希少な八列トウモロコシで新作菓子 まさおか【芽室】

 芽室町の老舗菓子店「お菓子のまさおか」(正岡崇社長)は、町内の川合農場が作る、珍しい八列トウモロコシを使った新商品「フィナンシェ」と「ぷちぷちガレット」の販売を、21日から始める。どちらも150...

十勝毎日新聞

ラワンブキキムチ フクハラで販売 何ン田さん製造【本別】

 本別町内で飲食店を経営する物まねタレントの何ン田研二さんが作る、足寄町特産のラワンブキを使ったキムチ漬けなどが15日から、管内のフクハラ3店舗で販売を始める。道観光大使、十勝観光大使も務める...

十勝毎日新聞

オリジナル「ブタジン」発売 大樹・源ファーム生産豚使用【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)は、ジンギスカン風の味付豚肉「帯広市場のブタジン」を新たに商品化し、市場内や一部スーパーなどで販売を始めた。  同市場では30年以上前に、ラム...

十勝毎日新聞

返礼品に士幌高アイス 全国に 町ふるさと納税【士幌】

 士幌町は1日、ふるさと納税の返礼品に士幌高校で飼育する牛の生乳を使って生徒たちが製造したアイスクリームを新たに追加した。同校の加工品を通年で取り扱うのは今回が初めてで、生徒たちは「フレッシュな味...