北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ヒグマ目撃相次ぐ 看板設置、注意呼び掛け【登別】

目撃場所周辺に看板を設置するなど注意を呼び掛けている

 登別市来馬町や上登別町などの山沿いでヒグマとみられる目撃情報が相次いでいる。雪解け後に餌を求めて山中を中心に動き回っている可能性があり、市は注意を呼び掛けている。

 雪解けが進んだ4月以降、これまで5件の情報が寄せられている。4月20日に来馬町でヒグマらしき野生生物が確認されたのを皮切りに、5月に2件(いずれも上登別町)、6月に2件(川上町、登別温泉町)それぞれ目撃やうなり声を聞く情報が寄せられた。6月7日の事例では、体長2メートルほどのヒグマが目撃された。

 市観光経済部農林水産グループ総括主幹の西本利博さんは「雪が解けた後は、子熊も生まれている時期。餌を求めて山中を散策しているほか、自分の縄張りを回っているかもしれない」と指摘する。

 市内では山菜採りシーズンが一段落した感はあるが、「山奥に行くほど、ヒグマに出くわす危険性がある。ヒグマも人間を警戒しており、朝晩に遭遇する可能性もある」と説明。市は目撃が寄せられた場所には看板を設置するなどして注意を呼び掛けている。

関連記事

室蘭民報

水質調査「問題なし」 有珠海水浴場【伊達】

 道は23日、2021年度(令和3年度)の道内海水浴場開設状況と水質調査結果を発表した。胆振管内は、伊達市の有珠海水浴場のみ開設され、水質は問題なしと判定された。  開設予定期間は7月22日~8...

室蘭民報

ロゼワイン720本完売 農産物直売所「サムズ」で販売、リピーターも【壮瞥】

 壮瞥町にある道の駅そうべつ情報館i内の農産物直売所サムズで販売していた町内産キャンベルを原料にしたロゼワインが完売した。渡部和宏店長は「購入者にはリピーターもいて、好評でした。来年も販売したい...

室蘭民報

縄文ロマン、熱い視線 歴史文化ミュージアム・企画展「有珠モシリ遺跡」開幕..

 伊達市のだて歴史文化ミュージアムの企画展「有珠モシリ遺跡」が開幕した。初日の22日は105人が訪れ、縄文時代の伊達の様子に思いを巡らせていた。  市所蔵の重要文化財であるイモガイ製貝輪やクマ...

室蘭民報

働く意義を考える 新入社員ら合同研修【室蘭】

 室蘭市内のものづくり企業に今春就職した新入社員や、入社5年未満の社員を対象にした合同研修が22日、東町の室蘭テクノセンターであった。10事業所の男女23人が参加し、職場になじみ、思い描く仕事が...

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...