北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

羽田空港で十勝気分を デジタル森林浴が常設【東京】

 北海道公式のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」羽田空港店が10日、オープンした。浦幌町のIT企業「フォレストデジタル」(辻木勇二代表取締役CEO)のデジタル森林浴空間が常設され、映像を通して十勝を体感できる。

十勝の森や牧場などの映像が投影されている店内

 第1ターミナルビル2階出発ロビー(Cゲート前)に出店。道が設置し、日本空港ビルデングと札幌丸井三越が共同運営する。1階は物販スペース、2階にはアイヌ文化や道内観光情報発信コーナーと飲食スペースを設けた。

 高精細立体映像を使ったデジタル森林浴空間「うららパークハネダ」は、2階で展開。森林や乳牛の放牧風景、ジュエリーアイスなど十勝の四季の映像を壁面2カ所に投影している。壁面1カ所の大きさは横2.4メートル、縦1.3メートル。鳥のさえずりや川のせせらぎの音も流れ、十勝にいるかのような雰囲気を味わえる。

 辻木CEOは「ストレスを減らす癒やしの場になりたい。十勝の魅力を体感し、現地に行ってみたいと思ってほしい」と話す。デジタル森林浴空間の常設展示は浦幌に次いで2カ所目。

 物販スペースでは十勝の菓子やチーズ、ワインなどを含め、常時800~900商品を販売する。どさんこプラザは国内10店舗目で、道産商品の販路拡大を支援する。道食産業振興課の林優香課長は「羽田空港は日本のゲートウェイ(玄関口)。北海道の魅力を発信する絶好のチャンス」と期待する。

羽田空港にオープンした「どさんこプラザ」

関連記事

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...

日高報知新聞

最優秀にうらかわ肥育センター【新ひだか】

【新ひだか】15日に東京食肉市場で開かれた「第67回『名人会』肉用牛枝肉研究会」で、浦河町姉茶のうらかわ共同肥育センター(中山重雄社長)の出品牛が最優秀賞に選ばれた。同肥育センターの最優秀賞は初めてで...

日高報知新聞

坂下様似町長が引退へ【様似】

【様似】22日に開会した町議会定例会の一般質問で、現在4期目の坂下一幸町長(73)は10月10日の任期満了に伴う町長選挙に「出馬しない」と述べ、今期限りの引退を明らかにした。現段階で立候補を表明している人...

室蘭民報

子どもたち栄養に関心、Zoomで食育講話 放課後等デイサービスほたて【室蘭】

 室蘭市崎守町の放課後等デイサービスほたて(黒田悠士管理責任者)では18日、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使った食育講話が行われた。参加した子どもたちは、栄養について関心を高めた。 ...