北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

東京五輪聖火の点火セレモニー ウポポイ職員の山道ヒビキさん 代表ランナーに 多文化共生の思い

白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)で13日に開催される東京五輪聖火リレーの点火セレモニーに、アイヌ民族文化財団職員の山道ヒビキさん(32)=白老町在住=が代表ランナーとして参加する。新型コロナウイルス感染拡大のため道内で13、14日に予定されていた公道リレーが中止され、白老町と札幌市での点火式典のみとなった中、「聖火にさまざまな願いを込めて走ろうとしていたランナーの思いを背負って臨みたい」と意気込む。

聖火の点火セレモニーで代表ランナーを務める山道ヒビキさん

 平取町二風谷出身で幼い頃からアイヌ文化に触れ、母親や周囲の伝承者に学びながら育った。20代の3年間、白老町の旧アイヌ民族博物館で行われたアイヌ文化伝承者育成事業のプログラムに参加。その後、同博物館に就職し、現在はアイヌ民族文化財団が運営するウポポイで舞踊グループのリーダーを務めている。

 昨年、聖火ランナーとして白老町内のコースを走る予定だったが、コロナ禍で五輪開催が延期となったため実現しなかった。今年もランナーに選ばれたが、ウイルス感染者の急増で今度は道内の公道リレーが中止に。「残念だけど、しょうがない」と諦めていたが、東京五輪・パラリンピック競技大会組織委から今週、「点火セレモニーに代表ランナーとして参加を」と依頼の連絡が入った。

 道内各ルートを走る予定だった200人余りのランナーの中で、代表に選ばれたのは山道さんと札幌市の中学生の2人のみ。13日に白老、14日に札幌で無観客開催されるセレモニーにそれぞれ参加し、ステージ上でトーチにともした聖火を聖火皿へ移す役目を担う。

 「北海道まで聖火をつないでくれた道外ランナー、走ることができなかった道内ランナーの思いを受け取り、会場へつなげたい」と山道さん。自身が取り組んでいるアイヌ文化の伝承活動を踏まえ、多文化共生や多様性が尊重される社会の実現も願いながら式典に臨む。昨年結婚し、今年は子どもを授かった。家族の応援を背に、大役を果たすつもりだ。

関連記事

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...

日高報知新聞

最優秀にうらかわ肥育センター【新ひだか】

【新ひだか】15日に東京食肉市場で開かれた「第67回『名人会』肉用牛枝肉研究会」で、浦河町姉茶のうらかわ共同肥育センター(中山重雄社長)の出品牛が最優秀賞に選ばれた。同肥育センターの最優秀賞は初めてで...

日高報知新聞

坂下様似町長が引退へ【様似】

【様似】22日に開会した町議会定例会の一般質問で、現在4期目の坂下一幸町長(73)は10月10日の任期満了に伴う町長選挙に「出馬しない」と述べ、今期限りの引退を明らかにした。現段階で立候補を表明している人...

室蘭民報

子どもたち栄養に関心、Zoomで食育講話 放課後等デイサービスほたて【室蘭】

 室蘭市崎守町の放課後等デイサービスほたて(黒田悠士管理責任者)では18日、ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使った食育講話が行われた。参加した子どもたちは、栄養について関心を高めた。 ...