北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

真っ赤で甘い! 北斗・谷観光農場でイチゴ狩り始まる【北斗】

真っ赤なイチゴを収穫し喜ぶ親子連れ

 【北斗】谷観光農場(市向野、谷文貴代表)で10日、露地栽培のイチゴ狩りが始まった。来園者が密を避けた広大な畑で、甘くておいしいイチゴを味わっている。

 谷さん方では、40アールで「宝交早生」「けんたろう」を栽培。谷さん(46)によると、今年は5月下旬から続いた朝晩の気温低下で、オープンが例年より1週間程度遅れたが、今週に入って気温が上がり、イチゴもぐんと色づいたという。新型コロナウイルスの影響で昨年は団体客がほとんどキャンセルになったが、今年は平日を中心に保育園や福祉施設などの予約が入っている。

 畑にソーシャルディスタンス(社会的距離)確保を求める看板を立てるなどコロナ対策は万全。谷さんは「今年は果実がやや小ぶりだが、甘さは十分。真っ赤なイチゴをちぎって食べてほしい」と話す。

 函館市深堀町の主婦、樋口美幸さん(35)は娘の美織ちゃん(5)と心春ちゃん(4)を連れて来園。美織ちゃんは「真っ赤で大きいイチゴがおいしい。まだいっぱい食べたい」と笑顔を見せた。

 イチゴ狩りは今月いっぱい続く。営業開始は午前10時だが、客が混雑した場合は早く開けることも。赤いイチゴがなくなり次第終了。料金は大人900円、3歳~小学生700円、3歳未満300円、持ち帰りは100グラム170円。問い合わせは同農場(0138・77・6843)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の娘・レディ 58年の輝き知って 衣装など展示【帯広】

 十勝・帯広の観光をPRする「すずらん娘」や「とかち青空レディ」の歴史を紹介する「娘・レディ展」が、帯広百年記念館(帯広市緑ケ丘2)ロビーで開かれている。元青空レディの力丸亜希子さん(44)=帯広...

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...