北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

夏のイベントは中止か

 管内各町で開催する集客の多い夏のイベントは、町を含む関係者による実行委員会方式が多い。すでに6月も中旬になり、準備もあるため開催か中止を決める時期となっているが、「緊急事態宣言中で、可否を決める実行委員会も開けなく困っている」と関係者は口を揃える。

 浦河町では7、8月にかけ「うらかわ馬フェスタ」と「うらかわ港まつり」がある。

 JRA日高育成牧場敷地内で開催している馬フェスタは、全国公募の「馬上結婚式」や、JRA主催のポニーレースの全国地区優勝者が東京の競馬場を舞台にした「ジョッキーベイビーズ」の北海道地区代表決定戦ほかJRA関連の催しも多い。「フェスタの開催は無理だが、子どもたちが楽しみにしているポニーレースだけでも」としているが、JRAからは全国大会開催可否の連絡はまだない。

 一昨年は2万3000人の集客があった浦河商工会議所主催のうらかわ港まつりも「お盆の時期で帰省客なども多く祭りはできないが、せめて花火大会だけでも」という思いもあるが、来週中に最終決断する方針。

 例年2万人以上が来場する様似町の最大イベント「アポイの火祭り」は、中止した昨年の50回記念を今年に延期して盛大に行う予定だったが、中止する見込み。

 新ひだか町の「蓬莱山まつり」は今週中、「新ひだか夏まつり」は来週中に最終判断で中止を決める。  ほか、新冠町の「にいかっぷふるさと祭り」は5月末に中止を決め、えりも町の「えりもの灯台まつり」、日高町の「ひだか樹魂まつり」なども中止の予定。

関連記事

十勝毎日新聞

藤丸、新たなテナントは「日産」 百貨店にディーラー常設店【帯広】

 帯広日産自動車(帯広市、村松一樹社長)のショールームが24日、藤丸にオープンした。ディーラーによる百貨店内での常設店は全国的に珍しい。帯広日産、藤丸の両社は「まちなかのにぎわい創出につなげた...

十勝毎日新聞

満寿屋が高級食パン 麦音で26日発売【帯広】

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、高級食パン「みのりの恵み」を新たに商品化し、26日から市内の麦音店(稲田町南8線西16)で数量限定販売をスタートさせる。新銘柄の小麦「みのりのちから」を10...

函館新聞

不二屋本店が土産新商品「松前三宝漬」販売中【函館】

 土産物企画・卸売の不二屋本店(函館市西桔梗町、名取明彦社長)は、新たな土産品として「松前三宝漬」(160グラム入り、税込み1080円)を市内の土産物店などで販売している。道南の郷土料理・松前漬...

苫小牧民報

復興に欠かせぬ特産品 厚真産ハスカップ

作付け面積日本一を誇る厚真町の特産品ハスカップ。2018年9月の胆振東部地震で、町内の畑4分の1ほどが被災した。しかし、産業や観光などまちづくりに欠かせない貴重な地域資源とあって、官民挙げて復旧・...

日高報知新聞

最優秀にうらかわ肥育センター【新ひだか】

【新ひだか】15日に東京食肉市場で開かれた「第67回『名人会』肉用牛枝肉研究会」で、浦河町姉茶のうらかわ共同肥育センター(中山重雄社長)の出品牛が最優秀賞に選ばれた。同肥育センターの最優秀賞は初めてで...