北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

4町で過去最高額に

 2020年度(令和2年度)の日高管内のふるさと納税寄付額が、浦河、様似、新冠、平取4町で過去最高額になった。管内トップの寄付が続くえりも町は8億円台後半を維持したほか、7町全町で1億円を超えた。全国的にコロナ禍の巣ごもり需要で、ふるさと納税が注目され寄付が増えたほか、返礼品を選ぶポータルサイトの窓口を増やした結果が反映された町も多い。

 20年度に過去最高となった浦河町の実績は5億9381万円(3万940件)で、19年度の4億6517万円(2万8626件)から約1億3000万円増えた。返礼品は、カニやサケ・イクラセットなど海産物が大半を占める。

 様似町も大幅増。2億2337万円(1万1948件)で、19年度の9271万円(5594件)から倍以上になった。返礼品1番人気が煮ダコ、2番が浜ゆで毛ガニ、3番がサケ・イクラ類という。

 新冠町の20年度実績は1億3233万円(3677件)で、19年度の5239万円(2163件)から2倍以上に伸びた。町内に大規模処理場を持つ豚肉製品が人気で、トンネルワインや乳製品も上位。

 毎年、管内では毎年圧倒的な金額で寄付が集まるえりも町の20年度は8億6869万円(3万2972件)で、過去最高だった19年度の8億9728万円(3万961件)をわずかに下回った。

 同町は毛ガニやサケ・イクラのほか豊富な海産物や魚介製品が魅力で人気が高い。また、同町や浦河町など管内東部町では、えりも緑化を題材にした映画製作(田中光敏監督・浦河町出身)に向け、ふるさと納税で寄付を募っている。

 新ひだか町は1億2698万円(4862件)で、前年度の6697万円(2262件)から大幅増。和牛製品や冷凍ケーキなどもあるスイーツ類などが人気。

 日高町は1億82万円(2557件)で、前年度の1億742万円(6766件)をやや下回った。全国的に知られるシシャモやゆめぴりかなどの米も返礼品として多い。

 平取町は1億7745万円(7790件)で、19年度の1億6704万円(4791件)から1000万円余り増加。町特産のトマトや黒毛和牛、米などが人気。

 ふるさと納税は、事務処理やポータルサイト利用、返礼品などの経費を除くと約4割弱が収入となる貴重な財源となり、さまざまな事業に使われるため、各町とも「返礼品ももっと品揃えし、品切れにならないよう工夫して寄付額を増やしたい」などと話している。

浦河町のふるさと納税パンフレット

関連記事

苫小牧民報

ジンギスカンのパッケージデザイン考案中、クリラボと苫総経マーケティング部

苫小牧市のまちづくり会社とまこまいクリエイティブラボ(クリラボ)と苫小牧総合経済高校マーケティング部が、食品加工・製造を手掛けるエフジーエース(光洋町)の看板商品「味付けジンギスカン」のパッケージ...

苫小牧民報

夏の日差しに負けず タルマイソウ涼しげな花

樽前山(1041メートル)の登山道脇で、高山植物タルマイソウ(標準和名イワブクロ)が真夏の日差しにあらがうように、涼しげな薄紫色の花を咲かせている。  タルマイソウは7合目からの一般的な登山道...

日高報知新聞

競走馬の育成を見学【新ひだか】

【新ひだか】競走馬の育成をしている静内真歌のビッグレッドファーム真歌で20日、軽種馬育成調教センター(BTC)の39期生の研修が行われた。  同ファームは、全長1500㍍の屋根付き坂路やウォーキング...

日高報知新聞

ダム見学や魚釣り【浦河】

 浦河町子ども会育成団体連絡協議会=浦子連=(飯田美和子会長)と町教委主催の自然体験事業「アドベンチャーinうらら湖」が25日、浦河ダムのうらら湖畔で行われ、子どもたちがダム内部の見学と湖畔の魚釣り...

十勝毎日新聞

芽室の山本君「歌い切った」 民謡日本一【東京】

 小中学生が民謡民舞の腕前を競う「2021年度 民謡民舞少年少女全国大会 民謡日本一決定戦」(日本民謡協会主催)が4日、東京都内で開かれ、山本樹君(12)=芽室上美生小6年=が小学校4・5・6年の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス