北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

道産品の輸出拡大期待 小口混載コンテナ輸送支援スタート 苫港利用促進協

小規模貨物を苫小牧港でまとめ、海外へ海上輸送を行う「小口混載コンテナ輸送支援事業」が、2021年度もスタートした。食品加工品を積んだ第1便が20日に苫小牧港・東港を出港し、香港へ向かった。事業者を支援する苫小牧港利用促進協議会は、道産食材の輸出拡大に期待している。

小口混載コンテナ輸送支援事業を活用した荷物を積載した貨物船=19日

 第1便は栗林商会(室蘭市)が実施。冷凍スープカレーの素が入った段ボール190個(2710キロ)を20フィートコンテナに積み込み、韓国を経由して香港に届けられる。同社は「小口混載の問い合わせは年々増えている。課題もあるが、調整しながら対応したい」としている。

 同事業は温度管理可能な冷凍、冷蔵(リーファー)コンテナ使用の輸送を支援するため、19年度に始まった。同協議会が事業者を公募し、最大500万円を補助する。今年度の事業者に苫小牧埠頭(シンガポール向け)とナラサキスタックス(台湾向け)、栗林商会(香港向け)を選んだ。

 事業を活用した輸送は19年度が28回だったが、20年度は14回に半減した。新型コロナウイルスの感染拡大による物産展の中止や外食控えなどが考えられるという。担当者は「他社も荷物が集まり次第事業を活用する。少しでも道産品の輸出を促したい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

ジンギスカンのパッケージデザイン考案中、クリラボと苫総経マーケティング部

苫小牧市のまちづくり会社とまこまいクリエイティブラボ(クリラボ)と苫小牧総合経済高校マーケティング部が、食品加工・製造を手掛けるエフジーエース(光洋町)の看板商品「味付けジンギスカン」のパッケージ...

苫小牧民報

夏の日差しに負けず タルマイソウ涼しげな花

樽前山(1041メートル)の登山道脇で、高山植物タルマイソウ(標準和名イワブクロ)が真夏の日差しにあらがうように、涼しげな薄紫色の花を咲かせている。  タルマイソウは7合目からの一般的な登山道...

日高報知新聞

競走馬の育成を見学【新ひだか】

【新ひだか】競走馬の育成をしている静内真歌のビッグレッドファーム真歌で20日、軽種馬育成調教センター(BTC)の39期生の研修が行われた。  同ファームは、全長1500㍍の屋根付き坂路やウォーキング...

日高報知新聞

ダム見学や魚釣り【浦河】

 浦河町子ども会育成団体連絡協議会=浦子連=(飯田美和子会長)と町教委主催の自然体験事業「アドベンチャーinうらら湖」が25日、浦河ダムのうらら湖畔で行われ、子どもたちがダム内部の見学と湖畔の魚釣り...

十勝毎日新聞

芽室の山本君「歌い切った」 民謡日本一【東京】

 小中学生が民謡民舞の腕前を競う「2021年度 民謡民舞少年少女全国大会 民謡日本一決定戦」(日本民謡協会主催)が4日、東京都内で開かれ、山本樹君(12)=芽室上美生小6年=が小学校4・5・6年の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス