北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

マルシェ今年も巡って食べて 9月から2カ月【十勝】

 食と音楽の祭典「とかちマルシェ」の実施概要が7日までに固まった。新型コロナウイルス感染防止の観点から、今年も従来型の集積実施ではなく、管内の飲食店などを巡ってもらい、十勝産食材を使った料理を食べてもらう方式とする。期間は9月1日から10月末。プレミアム付きチケットや、景品総額200万円分が抽選で当たるスタンプラリーなどを通じ、期間中の来店を促進する。

専用ホームページも開設し、「情報をどんどん更新していく」と話す藤澤課長

3週間長く

 帯広商工会議所や市などで構成する「とかちマルシェ運営協議会」(梶原雅仁会長)主催。今年11回目。

 今年は基本、昨年と同様の方式だが、期間を約3週間長くした。十勝管内の参加飲食店を巡り、地場産食材を使った料理を味わってもらう。来店促進策として、25%のプレミアム付きプラチナチケットを発行。1000円券5枚を1冊とし、4000円で販売する。5000冊限定。8月1日からウェブで3000冊分の予約を受け付ける。2000冊は8月23日から、先着で藤丸などで販売予定。

 スタンプラリーは昨年より景品総額を2倍とした。期間中、会計500円以上でスタンプ1個押印。7店回ると、商品券や地場の物産などが抽選で520本分当たる。

参加店を募集中

 1日から専用ホームページを開設し、参加店の受け付けを開始し、22日まで募集。事務局では昨年(94店)以上の応募を期待する。情報を都度更新していく。事務局を担当する帯商の藤澤任・商工観光課長は「今は『じゃらん』への掲載やラジオCMなど広告宣伝を強化。多くの人に十勝の食を味わってもらいたい」と話している。

 とかちマルシェは一昨年までJR帯広駅周辺を会場に出店方式で実施し、3日間で10万人超が訪れていた。ただ、昨年はコロナの影響で通常開催を見送った。今年は、屋外会場でテークアウト料理をドライブスルー方式で提供できないか模索したが、需要や感染状況などを踏まえ断念した。

関連記事

十勝毎日新聞

動物モチーフの飲食登場 帯商と園連携【帯広】

 おびひろ動物園周辺の17店が30日から期間限定で、同動物園のアメリカバイソンなどの動物たちをモチーフにしたスイーツや料理を提供する。帯広商工会議所が主催し、初めて実施する。「動物園と店を行き来し...

十勝毎日新聞

「ジュエリーアイスそば」登場【豊頃】

 豊頃町茂岩のそば店「そば処ホタル」で、町大津海岸に真冬に打ち上がる氷塊にちなんだ盛りそばが提供されている。その名も「ジュエリーアイスそば」=写真。  同店は国道38号沿いにある「とよころ物産...

名寄新聞

彫り込みを忠実に再現・「木彫り熊もなか」発売【名寄】

 名寄市西13南5(豊栄通り沿い)の「カントリーマム」(店主・滝沢美也子さん)は、名寄産もち粉と道産小豆を使った「木彫り熊もなか」を発売。彫り込みの模様が忠実に再現されており、「木彫りの感じをう...

十勝毎日新聞

自社生産の生乳でジェラート専門店 31日オープン ノベルズ【帯広】

 畜産大手・ノベルズグループ(本社上士幌町)は31日、自社牧場の生乳を使った直営のジェラート専門店を帯広市内に開く。肉牛のブランド化などはこれまでも進めてきたが、乳製品の加工販売は初。事業統括の延...

十勝毎日新聞

「十勝若牛」ジンギスカンに JA木野「ハピオ」とJA十勝清水町がタッグ【..

 JA木野(清都善章組合長)の子会社のスーパー・ハピオ(音更町)とJA十勝清水町(氷見隆雄組合長)などは20日、新商品「十勝若牛ジンギスカン」を発表した。羊肉の代わりに牛肉を使用した珍しいジンギス...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス