北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「やっと利用者が現れる」【浦河】

 浦河町が1日から試験運行を開始してる町内公共交通の空白地帯向けの「乗合バス」の第1号となる女性1人が6日、絵笛から堺町区間で利用した。利用は低調で6日以外の予約は今のところゼロ。町は「これを契機に大勢の人に利用してもらいたい」と期待している。

 前日までに電話予約で自宅前で乗り降りでき、スーパーや病院のある市街地まで運行するデマンド型バスで、交通手段のない高齢者の買い物や通院、高校生の通学などを確保する。試験運行を経て、どの程度の利用があるのか運用上の課題などを含め探る。

 初めての乗客は、絵笛の大下美千代さん(85)。これまで運転していた夫の英夫さん(89)が6月12日に死去し、遠くまで移動する足が無くなった。

 この日はコロナワクチン接種の指定日で「乗車第1号と聞いて驚いた」という。最近の買い物などは身内の車に頼っていたが「試しに乗ってみようと前日に予約しました」と話す。

 町は「ようやく利用者があり、今後の利用に期待したい」と話している。  乗合バスは現在、定員7人のワゴン車で運行。今月中に車体にデザインした10人乗りの新車が納入される予定。運行日時は、平日の午前7時から午後6時にかけ、1日3往復を予定。利用者は、前日午後8時までの電話予約で、乗降場所と時間を伝える。

 運賃は地区により異なり、200~500円。小学生や身体障害者手帳のある人の運賃は半額、未就学児やシニアパスポートのある70歳以上は無料。

ワゴン車に乗り込む大下さん(右)

関連記事

苫小牧民報

ジンギスカンのパッケージデザイン考案中、クリラボと苫総経マーケティング部

苫小牧市のまちづくり会社とまこまいクリエイティブラボ(クリラボ)と苫小牧総合経済高校マーケティング部が、食品加工・製造を手掛けるエフジーエース(光洋町)の看板商品「味付けジンギスカン」のパッケージ...

苫小牧民報

夏の日差しに負けず タルマイソウ涼しげな花

樽前山(1041メートル)の登山道脇で、高山植物タルマイソウ(標準和名イワブクロ)が真夏の日差しにあらがうように、涼しげな薄紫色の花を咲かせている。  タルマイソウは7合目からの一般的な登山道...

日高報知新聞

競走馬の育成を見学【新ひだか】

【新ひだか】競走馬の育成をしている静内真歌のビッグレッドファーム真歌で20日、軽種馬育成調教センター(BTC)の39期生の研修が行われた。  同ファームは、全長1500㍍の屋根付き坂路やウォーキング...

日高報知新聞

ダム見学や魚釣り【浦河】

 浦河町子ども会育成団体連絡協議会=浦子連=(飯田美和子会長)と町教委主催の自然体験事業「アドベンチャーinうらら湖」が25日、浦河ダムのうらら湖畔で行われ、子どもたちがダム内部の見学と湖畔の魚釣り...

十勝毎日新聞

芽室の山本君「歌い切った」 民謡日本一【東京】

 小中学生が民謡民舞の腕前を競う「2021年度 民謡民舞少年少女全国大会 民謡日本一決定戦」(日本民謡協会主催)が4日、東京都内で開かれ、山本樹君(12)=芽室上美生小6年=が小学校4・5・6年の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス