北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

芽室コーン 地ビールに JA青年部 22日発売【芽室】

展望台からの風景をバックに「めむろゴールドクラフト」を発表した川瀬部長(右)ら

 JAめむろ青年部(川瀬良介部長)は、町の特産品であるスイートコーンを副原料に使った地ビール「めむろゴールドクラフト」を開発した。醸造は地ビールメーカーの大雪地ビール(旭川)が行い、爽やかな味わいが特徴。22日から、町内の飲食店やコンビニエンスストアなどで販売される。

 同青年部は2年ほど前から、町おこしや地場産品PRを目的に、同JAで販売する枝豆やコロッケなどの加工品に合う地ビールづくりを構想。小麦やゴボウなどで試作品を造り、中でもおいしさが際立ったスイートコーンを選んだ。

 めむろゴールドクラフトは黄金色が鮮やかなビールで、かんきつ系の爽やかな香りとすっきりした味が特徴。昼夜の寒暖差で生まれたスイートコーンのうま味成分が凝縮され、飲みやすいビールに仕上がった。アルコール度数は5%。

 町内で最も多く生産されている品種「ゴールドラッシュ」から名称を取り、高級感も演出。「クラフト」にはクラフトビールの意味と、自分たちの手で作り上げたとの思いも込めた。ラベルデザインには、新嵐山スカイパーク展望台からの風景を採用している。

 19日に同展望台で商品を発表。川瀬部長は「まずは町民から愛されるビールになるようPRし、“芽室といえばゴールドクラフト”と言われるようにしたい」と力を込めた。

 現在2700本(一瓶330ミリリットル、550円)を醸造し、今後は状況を見て増産する。

 22日からエーコープめむろ店や新嵐山スカイパークなど町内5店舗で販売するほか、飲食店でも提供される。25日正午から芽室公園南口駐車場で開かれる「プチ夏フェス」(町商工会青年部主催)でも、同ビールを500円で販売する。問い合わせは同JA営農部営農情報課(0155・62・2313)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

動物モチーフの飲食登場 帯商と園連携【帯広】

 おびひろ動物園周辺の17店が30日から期間限定で、同動物園のアメリカバイソンなどの動物たちをモチーフにしたスイーツや料理を提供する。帯広商工会議所が主催し、初めて実施する。「動物園と店を行き来し...

十勝毎日新聞

「ジュエリーアイスそば」登場【豊頃】

 豊頃町茂岩のそば店「そば処ホタル」で、町大津海岸に真冬に打ち上がる氷塊にちなんだ盛りそばが提供されている。その名も「ジュエリーアイスそば」=写真。  同店は国道38号沿いにある「とよころ物産...

名寄新聞

彫り込みを忠実に再現・「木彫り熊もなか」発売【名寄】

 名寄市西13南5(豊栄通り沿い)の「カントリーマム」(店主・滝沢美也子さん)は、名寄産もち粉と道産小豆を使った「木彫り熊もなか」を発売。彫り込みの模様が忠実に再現されており、「木彫りの感じをう...

十勝毎日新聞

自社生産の生乳でジェラート専門店 31日オープン ノベルズ【帯広】

 畜産大手・ノベルズグループ(本社上士幌町)は31日、自社牧場の生乳を使った直営のジェラート専門店を帯広市内に開く。肉牛のブランド化などはこれまでも進めてきたが、乳製品の加工販売は初。事業統括の延...

十勝毎日新聞

「十勝若牛」ジンギスカンに JA木野「ハピオ」とJA十勝清水町がタッグ【..

 JA木野(清都善章組合長)の子会社のスーパー・ハピオ(音更町)とJA十勝清水町(氷見隆雄組合長)などは20日、新商品「十勝若牛ジンギスカン」を発表した。羊肉の代わりに牛肉を使用した珍しいジンギス...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス