北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

勝負メシ 食べて永原選手応援 インデアンカレーや焼き肉店【芽室】

 東京五輪バドミントン女子ダブルスに出場する芽室町出身の永原和可那選手(北都銀行-青森山田高、芽室中卒)を応援しようと町は、カレーショップインデアン芽室店(東めむろ3南1)や町内の焼き肉店などとタッグを組んだ企画を展開する。永原選手の“勝負メシ”を一緒に食べて、地元五輪選手を後押しする。

ゴールドラッシュをトッピングした「金メダル応援カレー」(カレーショップインデアン芽室店)

 永原選手がスポーツ紙のインタビューで「帰省したときに必ず食べるのはジンギスカンとインデアンカレー」と答えたことをきっかけに町が企画。町民もこの“勝負メシ”を食べて永原選手を応援する。

うちわプレゼント

 インデアン芽室店では、バドミントンの予選リーグが始まる24日から「金メダル応援カレー」を提供。通常のインデアンカレー(462円)に芽室産スイートコーン「ゴールドラッシュ」を無料でトッピングする。カレーの中央にスイートコーンを丸く乗せて金メダルをイメージした。店内のみの提供。1日限定35食で、決勝が行われる8月2日まで。町が作成した応援記念うちわもプレゼントする。

 五輪が開会する23日から閉会式の8月8日までは、町内の焼き肉店など5店舗でジンギスカンを購入・注文すると、応援記念うちわがもらえる。各店限定50本。「焼肉遊彩苑」の大谷留美子代表は「五輪を楽しんで世界一目指して頑張って」と永原選手へエールを送った。

 町は現在、SNS(インターネット交流サイト)を使った企画「#がんばれワカナ」も実施。町のインスタグラム公式アカウントの投稿には、永原選手自身も「いいね」ボタンを押して反応している。町は「“勝負メシ”の写真を載せるなどさらに盛り上げてほしい」と呼び掛けている。

永原選手の“勝負メシ”の一つのジンギスカンで応援する(焼肉遊彩苑)

 ジンギスカンの提供店は次の通り。

▽焼肉KAGURA ▽焼肉遊彩苑 ▽平和園大成店 ▽和食と焼肉すず喜、 ▽ミートショップ小久保

関連記事

苫小牧民報

ジンギスカンのパッケージデザイン考案中、クリラボと苫総経マーケティング部

苫小牧市のまちづくり会社とまこまいクリエイティブラボ(クリラボ)と苫小牧総合経済高校マーケティング部が、食品加工・製造を手掛けるエフジーエース(光洋町)の看板商品「味付けジンギスカン」のパッケージ...

苫小牧民報

夏の日差しに負けず タルマイソウ涼しげな花

樽前山(1041メートル)の登山道脇で、高山植物タルマイソウ(標準和名イワブクロ)が真夏の日差しにあらがうように、涼しげな薄紫色の花を咲かせている。  タルマイソウは7合目からの一般的な登山道...

日高報知新聞

競走馬の育成を見学【新ひだか】

【新ひだか】競走馬の育成をしている静内真歌のビッグレッドファーム真歌で20日、軽種馬育成調教センター(BTC)の39期生の研修が行われた。  同ファームは、全長1500㍍の屋根付き坂路やウォーキング...

日高報知新聞

ダム見学や魚釣り【浦河】

 浦河町子ども会育成団体連絡協議会=浦子連=(飯田美和子会長)と町教委主催の自然体験事業「アドベンチャーinうらら湖」が25日、浦河ダムのうらら湖畔で行われ、子どもたちがダム内部の見学と湖畔の魚釣り...

十勝毎日新聞

芽室の山本君「歌い切った」 民謡日本一【東京】

 小中学生が民謡民舞の腕前を競う「2021年度 民謡民舞少年少女全国大会 民謡日本一決定戦」(日本民謡協会主催)が4日、東京都内で開かれ、山本樹君(12)=芽室上美生小6年=が小学校4・5・6年の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス