北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

マツカワの稚魚放流 資源増大目指す いぶり中央 漁業協同組合 白老港

カレイの高級魚マツカワの資源増大を目指し、いぶり中央漁業協同組合(本所・登別市)は21日、白老港第3商港区で10万匹の稚魚を放流した。

白老港でマツカワ稚魚を放流用のタンクに入れる関係者

 放流は胆振、日高、渡島の漁協などでつくる「えりも以西栽培漁業振興推進協議会」の事業。メンバーの「胆振太平洋海域漁業振興協議会」に所属する同漁協は、2006年から毎年、白老や登別の海に稚魚を放っている。

 関係者は同日、北海道栽培漁業振興公社伊達事業所から白老港へトラックで運ばれた稚魚を受け取り、タンクに移し替えてホースで港内へ放った。

 稚魚は体長5センチの小型。通常の8センチに比べて育てる期間が短いため、放流までのコストが削減できるという。数年後には水揚げ可能な35センチ程度に成長する見込みだ。胆振太平洋海域漁業振興協議会は今年度、胆振海域に計35万匹を放流する予定という。

 マツカワはかつて”幻の魚”と呼ばれていたが、放流事業の成果で近年、胆振や日高でも漁獲量が増加傾向にある。白老・虎杖浜海域でも15年度以降、毎年10トン以上取れるようになり、20年度は11トンの水揚げがあった。

関連記事

苫小牧民報

ジンギスカンのパッケージデザイン考案中、クリラボと苫総経マーケティング部

苫小牧市のまちづくり会社とまこまいクリエイティブラボ(クリラボ)と苫小牧総合経済高校マーケティング部が、食品加工・製造を手掛けるエフジーエース(光洋町)の看板商品「味付けジンギスカン」のパッケージ...

苫小牧民報

夏の日差しに負けず タルマイソウ涼しげな花

樽前山(1041メートル)の登山道脇で、高山植物タルマイソウ(標準和名イワブクロ)が真夏の日差しにあらがうように、涼しげな薄紫色の花を咲かせている。  タルマイソウは7合目からの一般的な登山道...

日高報知新聞

競走馬の育成を見学【新ひだか】

【新ひだか】競走馬の育成をしている静内真歌のビッグレッドファーム真歌で20日、軽種馬育成調教センター(BTC)の39期生の研修が行われた。  同ファームは、全長1500㍍の屋根付き坂路やウォーキング...

日高報知新聞

ダム見学や魚釣り【浦河】

 浦河町子ども会育成団体連絡協議会=浦子連=(飯田美和子会長)と町教委主催の自然体験事業「アドベンチャーinうらら湖」が25日、浦河ダムのうらら湖畔で行われ、子どもたちがダム内部の見学と湖畔の魚釣り...

十勝毎日新聞

芽室の山本君「歌い切った」 民謡日本一【東京】

 小中学生が民謡民舞の腕前を競う「2021年度 民謡民舞少年少女全国大会 民謡日本一決定戦」(日本民謡協会主催)が4日、東京都内で開かれ、山本樹君(12)=芽室上美生小6年=が小学校4・5・6年の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス