北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  道南イカ壊滅的不漁、…
道南イカ壊滅的不漁、最低更新【函館】
函館新聞 - 2017/01/21 13:06
 今季の道南スルメイカ漁(漁期は1月末まで)が終了し、函館市水産物地方卸売市場での生鮮取扱量(昨年6月1日~今年1月10日)が前年比35%減の1493トンとなり、過去10年で最低の水準となることが分かった。太平洋側の不漁が目立ち、2年続けて最低を更新した。

 市農林水産部によると、1月は水揚げがなく、漁は昨年12月末に事実上終わった。本年度の取扱量は2015年度実績(2315トン)を下回り、05年度以降で最低を更新。一方、平均単価は1キロ779円となり、過去10年では15年度実績(411円)を上回る空前の高値を記録した。同部は「壊滅的な不漁の年だった」と振り返る。

 月別にみると、前年の数量を上回ったのは6月の179トン(前年171トン)のみで、年間を通じて漁獲が伸びなかった。特に12月はしけが多かったり、漁に出ても空振りに終わるなどして、わずか33トンの水揚げにとどまった。

 函館市漁協(瀧川久市組合長)は「水揚げは少なかったが、堅調な単価高に支えられた。しかし、十分な補てんができたかと言えばそうではない」とする。同漁協はスルメイカとコンブが主力だけに、スルメイカの減少は取扱高に与える打撃も大きい。渡部保光専務理事は「近頃の原油価格高騰に伴い、燃油代がじわじわと上昇を続けており、来季の漁が始まる6月ごろどうなっているか心配だ」と懸念を示す。

 道総研函館水試(寺井稔場長)の澤村正幸研究主査は「今季は釧路や羅臼でも捕れておらず、太平洋全体の資源量が少なかったことが不漁の要因と考えられる。近年は資源量がある程度あって、函館近海での漁場形成がうまくいかない年が続いていたが、今季は不漁の原因が異なる。来季も同じことが起きないか注意が必要」と話している。
[函館新聞]-最近の話題
ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始(2017/04/30)
松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う(2017/04/30)
函館・松前、江差が日本遺産に認定【函館、松前、江差】(2017/04/29)
北洋銀行が空港に外貨自動両替機 海外客利便性向上図る【函館】(2017/04/29)
取扱量減も金額増 単価上昇が原因 水産・青果市場【函館】(2017/04/28)
仏の老舗ワイナリー 函館に開設伝える【函館】(2017/04/28)
ダイヤモンド・プリンセス寄港【函館】(2017/04/27)
縄文遺跡群の世界遺産登録へ総決起大会【東京】(2017/04/27)
ふっくりんこの地ビールJA新はこだてが品質検討会【七飯】(2017/04/26)
観光パンフレット人気ランキング函館初の1位【函館】(2017/04/26)
物産フェア会場で、ウニ焼きとツブ煮を味わう来場者
↑最近の写真
特集・道の駅
幸福駅で愛誓う 今年最初のセレモニー【帯広】

「絵になる」広大さ シーニックカフェオープン【音更】

先生 飼育員に おびひろ動物園で研修【帯広】

春観光本番、阿寒湖で湖水開きにぎわう【釧路】

ライトアップ幻想的に 2公園で夜桜電飾開始

松前さくらまつり開幕 グルメ堪能、歴史絵巻に酔う

高卒者就職内定率100パーセントに【根室】

「恐竜ワールド全国に発信」 6月4、11日に一般公開

GW幕開け 動物園夏季開園にぎわう【帯広】

古代小麦で熱中小ピザ 特産品作りへ種まき【更別】

本年度も室蘭市民美術館の展示多彩【室蘭】

幌萌のエゾヤマザクラで4日からライトアップ【室蘭】

地雷撤去「事実知って」―14日に上映会【室蘭】

今年も登別駅前で朝一、29日は地元の水産物販売【登別】

5月3、4日に「つつじとアスパラまつり」【むかわ】

千歳川は稚魚パターンが有効

十勝からの情報(4月23日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

白老沖のソウハチは3桁の釣果

「閻魔やきそばせんべい」28日から先行販売【登別】

アーニス・パピアの担々麺、辛さとうまさ味共演【登別】

豊浦の味ぎっしり、道の駅コロッケが大人気【豊浦】

甘さと酸味のバランスが取れた荒井農園のトマト【伊達】

ほっとな~るの「よりみち」が暫定オープン【室蘭】

根室新聞(120)

室蘭民報(794)

名寄新聞(68)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(24)

日高報知新聞(167)

函館新聞(204)

苫小牧民報(222)

釧路新聞(75)

十勝毎日新聞(324)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)