北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  防疫服着脱訓練も
防疫服着脱訓練も
日高報知新聞 - 2017/04/21 17:19
万が一の事態に備え、防疫服の着脱を体験する参加者
 日高振興局の高病性鳥インフルエンザ警戒本部拡大幹事会が19日、浦河町の日高合同庁舎で開かれた。昨年暮れの十勝管内清水町の発生時に防疫措置で大きな課題を残した教訓を踏まえ、改善策や管内発生時の行動計画の確認、防疫服着脱訓練などを実施した。

 昨年12月に清水町で発生した鳥インフルエンザでは、人員や情報、経験不足などが重なり、初動対応や防疫措置に大きな課題を残した。 

 当時は第1弾の派遣として消毒や鶏の殺処分のため、日高家畜保健衛生所や浦河、静内両保健所から獣医師や薬剤師9人と振興局職員ら計13人が現地入り。また、その後も作業従事者が不足し、現地要請で振興局の男性職員31人が養鶏場周辺の作業に当たっている。

 昨年の清水町の事例では、発生鶏舎の飼養羽数が十分把握されないことからはじまり、作業の遅れ、作業員数の見積もり誤り、自衛隊などへの要請内容のあいまいさ、防護服や資材、重機、ヒーター、人員受入の延滞や不足、指揮命令や関係機関との情報共有不足や混乱、作業内容を把握しないままの作業従事、通信手段や作業員の休息場所・食事供給、作業状況の不足―などてんやわんやの対応となった。

 これらを教訓に、道農政部では専門家などから意見を聞いて、1月に防疫措置の改善方策を策定。19日は税務課や水産課などを含む日高振興局の全課と日高家畜保健衛生所、日高農業改良普及センター、管内警察署などから約40人が出席し、今後の防疫措置について知識を深め、改善策や門別競馬場に設置した「緊急防疫資材ストックポイント」などを確認した。

 また、今後も派遣や管内発生を想定し、防疫服を一人で着脱する訓練も行い、ウイルスの感染を防ぐための正しい防疫服の着方を学んだ。
[日高報知新聞]-最近の話題
「長さ130㍍」のしめ縄飾る(2017/06/26)
指導員13人の作品(2017/06/24)
6年連続の黒字を計上(2017/06/24)
2人に功労者表彰伝達(2017/06/23)
ドローンの飛行操作(2017/06/23)
「アポイねぶた」中止(2017/06/23)
坂下氏が4選出馬表明(2017/06/23)
7年連続で全国大会へ(2017/06/21)
減収・減益も黒字決算(2017/06/21)
未利用の花壇を整備(2017/06/20)
苫小牧港・西港に入港した北極海航路の資材運搬船=26日午前9時ごろ
↑最近の写真
特集・道の駅
「長さ130㍍」のしめ縄飾る

安らかな眠り神に祈る 苫小牧市美術博物館保管の先祖の遺骨

種苗生産3年目のホッカイシマエビ【根室】

第5回ヒルクライムタイムトライアル 186人が雨の中疾走

北極海航路の資材運搬船が苫小牧港に入港 ハブ港化に強い期待

初夏の支笏湖満喫 湖水まつりにぎわう

安平の焼酎・馬歯酒 今夏に販売

1番牧草 質良好 収穫作業進む【十勝】

三条10年連続切符 NHK全国高校放送コン【帯広】

商工会議所に「礼拝所」開設 ムスリム対応【帯広】

宗谷本線をテーマに・7月1日から特別展開催【名寄】

7月22、23日のぼりべつ夏まつり、参加イベント充実【登別】

洞爺湖温泉街で24、25日にアニメフェスタ

有珠山SAで24、25日に旬の味覚や特産品販売【伊達】

明日葉の会が子育て世代に30日食育講座【室蘭】

室蘭地方 つり情報

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港沖 ソウハチ、クーラー釣り

十勝からの情報(6月11日ごろ)

伊達野菜スムージー完成、ハンサム食堂で26日から販売【伊達】

「伊達ベジファースト」が7月1日に16店舗で始まる【伊達】

寿司政の佐藤さんが独学から12年、こだわり追究【登別】

体に優しいメニュー提供、田村さんがカフェ開業【白老】

スケソの魚醤油に、スイコウが「たらこの親」販売【白老】

根室新聞(101)

室蘭民報(808)

名寄新聞(54)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(13)

日高報知新聞(172)

函館新聞(206)

苫小牧民報(219)

釧路新聞(91)

十勝毎日新聞(334)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)