北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  蒸気機関車の雄姿も
蒸気機関車の雄姿も
日高報知新聞 - 2017/08/03 17:33
写真と映像で日高線、天馬街道の歴史を紹介
 日高本線全線開通80周年と国道236号天馬街道の全線開通20周年を記念し、浦河町立郷土博物館企画写真展「日高本線と天馬街道」が、2日から町総合文化会館2階アートホールで始まった。博物館所蔵の昭和30年代、40年代の浦河で撮影した鉄道写真を中心に蒸気機関車C11の雄姿や、難工事だった天馬街道の野塚トンネル貫通式の様子などを75枚の写真パネルや映像で紹介している。18日まで。

 日高線は大正2年(1913年)に民間の苫小牧軽便鉄道による苫小牧・佐瑠太(さるふと、現日高町富川)間の開業が始まり。

 大正15年には日高拓殖鉄道による佐瑠太・静内間が完成。昭和2年に両社は国が買収して日高線になり、昭和8年に静内・三石間、10年に三石・浦河間、12年に浦河・様似間の開業で苫小牧から146・5㌔の全線が開通した。

 その後、貨物輸送の順次廃止(昭和57~59年)や急行列車の廃止(61年)などがあり、一昨年の1月からは新冠町大狩部地区を発端とした相次ぐ鉄路損壊などで、現在まで鵡川・様似間(116㌔)では列車の全面運休が続いている。

 帯広を起点に浦河町大通3が終点の国道236号で一番の難工事となったのが、浦河町上杵臼と十勝管内広尾町上豊似を結ぶ野塚トンネル(全長4232㍍)だった。

 日高山脈の野塚岳直下の山脈を貫くトンネルで、当時は道内国道トンネルで最長(現在3位)だった。関連工事は昭和54年から始まり、平成2年に貫通。9年9月に開通し、国道愛称を天馬街道に命名している。

 鉄道関係では、戦前・戦中に浦河上杵臼・西様似間で木材などを運搬していた森林鉄道の三井軌道など珍しい写真もあり、SLの速度計やハンドル、駅員の帽子など実物も展示。現在では撮影不可能な静内・様似間の車窓動画も上映している。

 また、天馬街道の工事現場や野塚トンネルの貫通式など、関係者の苦難と喜びの様子を写真と動画で紹介している。
[日高報知新聞]-最近の話題
がんばれ全国大会 農業クラブの農業鑑定競技(2017/10/21)
来年の馬のカレンダー2種販売 浦河在住の写真家・内藤律子さん(2017/10/21)
最優秀にケイトさん(2017/10/20)
「日高昆布フォーラム」(2017/10/20)
静高野球部も参加して バットの森づくり植樹祭(2017/10/19)
バス高速輸送システム(BRT)試乗 管内7町長が大船渡線視察(2017/10/19)
伝統漁具でサケ捕獲(2017/10/18)
4競技に29人出場(2017/10/18)
大狩部トンネル見学(2017/10/17)
「浦から行こう」ルートを 大学生が旅をプロデュース(2017/10/17)
地域住民の力作が並んだ八丁平中央町会の文化展覧会
↑最近の写真
特集・道の駅
子どもたち「友達できた」―体験型イベント振り返る【伊達】

室蘭信金が地域循環バス購入資金を白老町に寄付【白老】

むろみん杯ミニバレー大会でベリーベリーとT&Vが優勝【室蘭】

伊達緑丘が初戦敗退、全国高校サッカー道大会が開幕【旭川】

苫小牧高等商業学校が創立65周年記念祝賀会【苫小牧】

津軽笛奏者・佐藤ぶん太、さんがコンサート【洞爺湖町】

総合計画審が初会合で持続可能な社会実現へ【伊達】

八丁平中央町会が文化展覧会、陶芸や絵画200点【室蘭】

大谷室蘭高校3年生が免許取得控え安全教室【室蘭】

室蘭初のドッグランがプレオープン【室蘭】

布に親しむ会合同作品展~個性豊かな作品群【登別】

美術協会の公募展で目を引く89点並ぶ【登別】

企業の研修旅行誘致へ、11月にセミナー開催【登別】

港の文学館で20日から3日間支援バザー【室蘭】

手作りユニット「mint」が27日にイベント【登別】

室蘭地方 つり情報

錦岡沖周辺で25~30センチのマガレイ

十勝からの情報(10月15日ごろ)

釧路、根室の情報

室蘭地方 つり情報

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

齋藤農園の人気商品「ビーツ」【伊達】

ジュリエ・ファームのアロニア「熟期が早く上出来」【伊達】

根室新聞(119)

室蘭民報(940)

名寄新聞(71)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(16)

日高報知新聞(157)

函館新聞(181)

苫小牧民報(124)

釧路新聞(85)

十勝毎日新聞(303)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)