北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  落石計画オクチシ隊 …
落石計画オクチシ隊 岬で植生の特殊性や歴史を学ぶ【根室】
根室新聞 - 2017/08/12 18:57
落石の植生の特殊性について説明する中村さん(手前)
 武蔵野美術大学=東京都=や愛知県立芸術大学の学生、若手作家らで組織する「オクチシ隊」による「落石岬ツアー」が9日、落石岬で開かれた。ガイドに長万部町在住のアーティスト・中村絵美さん(29)を招き、参加した同隊員や観光客ら24人は、落石岬に群生している植物や周辺の歴史について学んだ。

 同ツアーは、7日から11日にかけて開かれた「落石計画」に参加した両大学生や卒業生の若手作家らによる「オクチシ隊」が主催。落石岬周辺を散策し、その風景を地形と気象、開拓の歴史から読み解くことをねらいに企画した。

 オクチシ隊には地元の人たちと交流して、落石の成り立ちを学び、「落石」をより深く知ることで今後の美術活動に生かそうという思いがある。一般参加も呼び掛けて今回初めて開催した。

 中村さんは、過去の落石計画に参加した経緯から、道内の自然形態に詳しいガイドとして今回招かれた。郷土写真調査研究プロジェクト「長万部写真道場研究所」を運営している。近年は地域社会の歴史的・社会的な背景や風景、動植物を徹底的に取材し、場所と事象のイメージ化、物質化を試みている。今回の落石計画にも自身の作品を出展している。

 落石岬の高層湿原を横断する木道で、中村さんは「冷たい風が強く吹くため、普通1,500メートル~2,000メートル以上に発生する森林限界が、局所的に起こっている。1,500メートル~2,000メートル級の高山にしか分布しないエゾツツジなどが群生している」と、落石の植生の特殊性を解説した。

 また、周辺の歴史をひもとき「開拓する時に霧が多くて困っていた。霧の発生源は森にあるのではないかと思った当時の人は、昆布盛の木を切り倒した。それによって霧が一層濃くなったことで後悔し、その時の反省文が見つかっている」とエピソードを紹介した。

 参加した30代男性は「自分の知らないことを知ることができ、非常に勉強になった」と話し、主催したオクチシ隊の矢島与萌さん(30)は「落石計画自体が場所としての落石岬を外すことができない。周りにある環境などをあらためて知ることができて良かった」と、今回のツアーを振り返っていた。
[根室新聞]-最近の話題
「東根室駅」JRご当地入場券に登場【根室】(2017/08/17)
27日「歯舞こんぶ祭り」 味覚、アトラクション多彩に【根室】(2017/08/17)
恒久平和の誓い新たに 市戦没者追悼式開く【根室】(2017/08/16)
市制60周年記念 全道展特別展始まる【根室】(2017/08/16)
金色の神輿練り歩く 金刀比羅神社例大祭が閉幕【根室】(2017/08/12)
金刀比羅神社例大祭 音と力の競演開幕【根室】(2017/08/10)
サンマ棒受け20トン未満船が出漁【根室】(2017/08/10)
市議選 定員割れ回避へ 選挙戦は不透明【根室】(2017/08/08)
10トン未満船 サンマ棒受け初水揚げ 高値前年の倍【根室】(2017/08/08)
落石計画でワークショップ 子どもたちが未来を表現【根室】(2017/08/08)
港内水面で炸裂する水中花火
↑最近の写真
特集・道の駅
「東根室駅」JRご当地入場券に登場【根室】

27日「歯舞こんぶ祭り」 味覚、アトラクション多彩に【根室】

義経と静御前の雅な衣装

歌謡ショーや花火大会

被災・断水の記憶忘れない 「節水の日」制定【新得】

パン割引チラシ製作 500円以上でサービス【十勝】

貝殻シーサー愛嬌満点 田中里美さん制作【幕別】

虻田神社例大祭でにぎやか露店【洞爺湖】

札幌ドームで登別閻魔やきそば食べて日ハム応援【札幌、登別】

工場夜景の魅力紹介、観光ボランティアガイドが勉強会【室蘭】

19日に「森蘭航路」クルーズ第2弾の日帰り体験ツアー【室蘭】

幻想的な空間演出「わざの里山あかり展」始まる【伊達】

お宝見つけるぞ、伊達時代村でイベント楽しむ【登別】

26、27日のRFLに名寄市立大生が初参加【室蘭】

キッズ絵画展で子ども目線の「夏」並ぶ、【室蘭】

支笏湖のヒメマス、早朝狙い時

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

苫小牧東港のマアナゴ好釣果

十勝からの情報(8月6日ごろ)

「登別牛乳カステラ」のハーフサイズが新たに登場【登別】

開発中のジンギスカン鍋クッキーが月内にも完成【室蘭】

「室蘭やきとり」駅弁が誕生、東室蘭駅構内で販売【室蘭】

ふじいファームの強い甘みのカボチャ【伊達】

甘さにこだわって栽培した「地徳のうえん」のミニトマト【伊達】

根室新聞(102)

室蘭民報(870)

名寄新聞(90)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(14)

日高報知新聞(168)

函館新聞(191)

苫小牧民報(159)

釧路新聞(87)

十勝毎日新聞(316)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)