北海道ニュースリンクHOME  >  NEWS  >  〝浦河は人情が厚い〟
〝浦河は人情が厚い〟
日高報知新聞 - 2017/09/13 17:21
うらかわ暮らしを語る加藤さん
 夏暑い愛知県から涼しい浦河町荻伏で体験移住している加藤佳子さん(70)。「浦河の人は人情が厚い」と気に入り、〝うらかわ暮らし〟は一昨年から連続3年になる。今年は「北海道の冬を体験したい」と8月から来年3月まで長期の滞在予定で、冬の到来を楽しみにしている。

 若いころから北海道に憧れていた愛知県稲沢市に住む加藤さんの道内体験移住は今年で5年目。1年目は体験移住者が道内市町村で一番多い釧路市で、2年目の小樽市を経て、一昨年から浦河町で暮らしている。夫は留守番役で、5年とも単身で北海道に来ている。

 実は2年目も浦河を希望していたが、6月から9月は希望者が多く、抽選に漏れて小樽市にした。加藤さんによると、都市部は部屋は用意するが「あとはご自由に」というスタイルという。

 一方、浦河町は窓口の役場担当課が「なにか問題や質問があったらいつでも連絡を」という姿勢。地域住民や自治会も行事や催しに誘いの声をかけ、町民ボランティアが様々な分野でサポートし、完全移住した人や体験移住中の人との交流会も開いてもてなしている。

 この結果、昨年度の体験移住利用者は190人(前年度97人)で、道内市町村で4位、延べ滞在日数5333日は1位の釧路に次ぐ多さで、トップクラスの実績を誇り、浦河生活が気に入り、これまで100人以上が町に完全移住している。

 昨年と同じ部屋を借りている加藤さんは「とても親切にしてもらい、浦河は来やすい」といい、小旅行、移動用に車を持ち込み、趣味の水泳、登山などを楽しんでいる。

 これまで冬の北海道は体験がなく「どれだけ寒くなるのか、暖房用の灯油がどの程度必要なのかもわからない」としながらも、歩くスキーなどにも挑戦する予定だ。
[日高報知新聞]-最近の話題
小中学校に新米寄贈 びらとり農協が230㌔を(2017/11/18)
様似山道と猿留山道 史跡指定を文科大臣に答申(2017/11/18)
柳谷集落再生の特別講演(2017/11/17)
身長75㌢のニジマス(2017/11/17)
鈴木さん、宮内さんを表彰(2017/11/16)
充電器スタンド設置へ(2017/11/16)
第1稿完成し打ち合わせ(2017/11/15)
BRT、初期投資約105億円(2017/11/15)
「脱 大日本主義」へ 鳩山元総理が浦河で時局セミナー(2017/11/14)
「夢を見ているよう」 モズカッチャン生産の目黒牧場(2017/11/14)
生徒を代表し決意を述べる小山内君
↑最近の写真
特集・道の駅
障害者国際大会「銅」の長原さんに道民栄誉賞【釧路】

宇賀の浦中閉校式、25年の歴史に幕【函館】

山丁林業、切り株破砕機で特許取得【函館】

有機小麦のパン食べよう【十勝】

伊能忠敬の足跡たどろう スマホアプリ【十勝】

バス停の屋根はポテトチップス 中高生発案【清水】

陸自第7師団と千歳市消防本部 化学テロ想定し共同訓練

新千歳国際線ビル拡張 富裕層向けホテルも

3年連続の優勝飾る・市役所サッカークラブ【名寄】

日ハムから絵本販売・星がテーマのストーリー【名寄】

聞き応え十分、室工大管弦楽団が25日に定演【室蘭】

来年1月26日「バードランドフェス2018」開催【根室】

23日に「熟睡プラ寝たリウム」【名寄】

国際雪合戦が来年30回目に充実の記念イベント【壮瞥】

目引く学習の成果、児童生徒美術・書道展始まる【伊達】

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月12日ごろ)

釧路・根室の情報

室蘭地方 つり情報

十勝からの情報(11月5日ごろ)

はまのマルシェが特産品5ギフトセットを販売【白老】

登別ブランド推奨品を6日から応募受け付け【登別】

壮瞥リンゴカレーをサムズで限定発売、甘さ程よく【壮瞥】

道内限定「壮瞥りんごソーダ」が2日から今年も発売【道内】

スイコウが「活いかの沖漬け」を商品化【白老】

根室新聞(114)

室蘭民報(966)

名寄新聞(49)

北海民友新聞(1)

日刊留萌新聞(17)

日高報知新聞(155)

函館新聞(179)

苫小牧民報(135)

釧路新聞(83)

十勝毎日新聞(300)

>>> 全国郷土紙連合 
[お問い合わせ]
十勝毎日新聞社
〒080-8688 北海道帯広市東1条南8丁目2 電話(代表)0155-22-2121 ファックス 0155-25-2700
center@kachimai.co.jp (十勝毎日新聞社編集局)